日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 君は中国国歌の歌詞、知っているかい(2)

<<   作成日時 : 2006/05/11 20:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

どうだ、前の記事読んでわかっただろう。

歌いだしの「起来」(qi lai)。つまり、軍隊に入った人をはげます歌だから、「(人を殺す道具をもって)立ち向かえ」と叫ぶ。

「血と肉で築こう万里の長城を」。戦いだから、血が流れ、肉体がごろごろころがる。それを積み重ねて、秦の始皇帝じゃあないが、もう一度5000キロに及ぶ長さの壁を築こう。

「日本軍の砲火をくぐって、前進、前進、さらに前進」。

「前進」という語、漢語だから、イメージいまいち。だからいいかえて、「(相手を殺す道具をかかえ)突っ込め、突っ込め、どんどん突っ込め」だ。この歌、小学校では毎朝流されているとか。



それに比べて、わたしたちの国歌はなんとも穏やか、相手をおもいやって奥ぶかい。

「君が代」の「君」。「君」は「あなた」だ。今はそういう意味しかないのだから。

「千代に八千代に」。「孫の、そのまた孫の、さらにそのまた孫・・・の時代」ということ。
その時まで、「あなた」は生きてほしい、目の前の「あなた」の長寿を願う祝儀の歌だ。

「さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで」。これでおしまい。余計なことを叫んだりはしない。

それに、五七五七七というみやびなリズム、やわらかい「やまと」の言葉。今の表記法にしたがって漢字を使ってしまったが、漢字使っちゃいるが、カンジの悪い漢語じゃないのだ。

なに。
「さざれ石の 巌となりて」が学校での理科の教科書と違う、だから理解できないというのか。

君たちは十分自覚すべきだ。わたしたちはあまりにも悪しき進化論、サルが人間になったという荒唐無稽なダービン説に毒され過ぎていることを。

信じられないなら、まずはわたしの町にある神社に来て、実際にその「さざれ石」を目にしてほしい。「巌」となった「さざれ石」が証拠としてきちんと展示されているから。行ったことはないけど、岐阜県春日谷には「さざれ石公園」という発祥の地がちゃんとあるんだそうだ。

それにしても、この進化論に基づく科学文明の進歩はすさまじかった。
20世紀の100年は過去の1000年以上だ。
でも、これで驚いてはいけない。これからの10年は20世紀の100年に相当するのだ。。

そして行き着くところへ行くのだ。

どこへ行くのだって。経済にバブルがあったように、文明がはじける、そのときに向かって。
「ヨハネの黙示録」の神と悪魔の最終戦争”ハルマゲドン”はやっぱり来るのだ。

1999年がそうだといわれ、そうではなかったから、みんなすっかり安心してしまっているが、あれは予告だ。本当は2999年なんだ。

黄色い大地の環境汚染と砂漠化、それにテロリストやならずもの国家と戦うために使用せざるを得ない水爆などの爆薬、そこからくる地球の温暖化、そして、中国や中東がまずは砂漠化してしまう。そこから舞い上がる黄砂が年々ふえて、やがては地球を埋めつくす。

地球は温暖化どころではなく、高熱化、灼熱化して、砂をも溶かす。

しかし、わが国は大丈夫だ。神の国だ。一番平和に貢献している国だ。

灼熱の砂はやがては冷却して岩石となり、緑がおおい、原始の森がだんだんよみがえる。
あの国も「堯」・「舜」・「禹」の鼓腹撃壌の太平の世にあともどる。

もちろんわが国は一番はやい。

古色蒼然たる古池に蛙が飛び込むと、その水音がポチャンとあたりの静けさをやぶる。
昔の人が理想とした「無何有の郷」、「桃源郷」、「ユートピア」が目の前にひろがる。


みなさん、そんな時代がくるまで、「君が代」を歌って、長生きしようじゃありませんか。



                             (日本とともに万歳まで生きたいネコ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 2013
君は中国国歌の歌詞、知っているかい(2) 日日是生日/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/10 07:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
君は中国国歌の歌詞、知っているかい(2) 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる