日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 日中音節数くらべ

<<   作成日時 : 2006/06/05 14:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

“ヘン運”の強い作家内田宗典さんが冬幻社から『し』というエッセイを上梓されたとか。

書評を読んだだけなんだけど、原田さん「平仮名一文字で、一番沢山の意味を扱っているのは何だろう」と思って、字書を調べたそうだ。そうしたら、「し」という発音の漢字が一番多く、内田さんの調べた字書には297もの漢字があったとのこと。

そこで、297の漢字の中から「子・師・詩・歯・死・誌・姿・祠・刺・使・嗜・仕・氏・試・覗」の15字を選んで、それぞれの文字についての内田さんの思いとか経験とかをつづったのがこの書とのこと。

機会があったらぜひ読んでみようと思っているが、ここでワタシメ(奴)がいいたいのは、中国語の漢字音についての話。


中国語の子音数は21、母音数は36ある。それに対して日本語の子音数は26、母音数は5だ。母音の数は、実に日本語の7倍もあるのだ。子音を行に母音を段にみたてて、中国語の「50音図」を作成したら、26×36だから、理論上は936の音節数が可能となる。しかし、話は半分で、実際はわたしの調査だと418の音節数だ。

418の中国語の音節数に対してわれらが日本語は清音46・濁音20・半濁音5・拗音33の、計104。中国語の音節数は日本語のざっと4倍ということだ。しかも、ご承知のように中国語は声調言語。つまり、それぞれの音節には4つの高低アクセント、4声というものがあるんだ。だから、聞いて区別できる、あるいは区別しなければならない総音節数は次のような数字になることが理論上は可能だ。

418単純音節×4声=1672音節

でも、これも実際は少し少なくて、わたしがいい加減に数えたところによると1340音節数ということになる。それでも、日本語のざっと13倍にものぼる。

そこで、問題。

日本語の漢音で「し」と読む漢字が297あるなら、今の北京音で発音すると、その数はどう変わるか、ということ。

297の漢字の北京音を全部調べて分類するの、数時間あれば出来ないわけじゃあないけど、面倒だし、あまり役立ちそうもないし、気も入らないから、ここでは上記の15字に限って調べ、その結果を参考までに書いておくよ。(表がうまく出なかったので、箇条書きで示す。)



zhiの4声(誌)
chiの3声(歯)
shiの1声(師 詩)    shiの3声(使)    shiの4声(仕 氏 試 嗜)
zi の1声(姿)      zi の3声(子)
ci の2声(祠)      ci の4声(刺)
si の3声(死)     si の4声(覗)



結局11のグループにわけられた。

つまり、この15文字、日本語の漢音だと全部「し」と同じ音で発音するわけだが、中国語だと最低11とおりの発音に区分けして発音するということ。297の漢字全部調べたら、「し」と読む漢字の中国語音まだまだ増えると思うんだが、なにしろこのわたし、暇はあっても時間がおしい。暇で、とにかく時間をつぶしたい人がいたら、調べてみたら。博士号もらえるかも。


                          


                                   (ニヤンとしか発音できないネコ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中国語:時間を尋ねる
現在幾点了<sンイン:xian(4)zai(4)ji(3)dian(3)le*カッコ内の数字は第1声〜4声までの声調です。   音声ファイルはこちら:http://shanghai520.web.fc2.com/file/018.wav(右クリックして「対象をファイルに保存」を選択してください。)意味:「今何時?」普段、時計を... ...続きを見る
中国語千本ノック
2007/04/04 17:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日中音節数くらべ 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる