日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 読売社説「防衛相辞任」への疑問

<<   作成日時 : 2007/07/05 10:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 9

久間章生氏の防衛大臣辞任についてのいくつかの新聞社の社説を読んで、特に読売の以下の社説はわたしにいくつかの疑問を抱かせ、よく理解できませんでした。 

あとでゆっくり考えるためにここに全文を紹介し、疑問点を並べておきます。


防衛相辞任 冷静さを欠いた「原爆投下」論議

 久間防衛相が、米国の原爆投下をめぐる発言による混乱の責任をとって辞任した。先の講演で、「あれで戦争が終わった、という頭の整理で今しょうがないなと思っている」などと述べていた。「しょうがない」とは、全く軽率な表現である。
 参院選を目前にして、野党側は、その表現のみをとらえ、安倍政権批判の格好の材料として罷免を求めた。与党も、選挙への悪影響を懸念して浮足立った。混乱したあげくの辞任劇である。
 久間氏は、日本政府のイラク戦争支持は「公式に言ったわけではない」と語るなど失言を重ねていた。このような言動を繰り返しては辞任もやむをえまい。
 久間氏は講演で、米国は、「日本も降参するだろうし、ソ連の参戦を止めることができる」として原爆を投下したとの見方を示した。これは、誤りではない。当時、ソ連に対して不信感を募らせていた米国は、ソ連の参戦前に早期に戦争を終わらせたいと考えていた。
 同時に、久間氏は、「勝ちいくさとわかっている時に、原爆まで使う必要があったのかという思いが今でもしている」と付言していた。
 米政権内部でも、敗色濃い日本への原爆投下については、アイゼンハワー元帥(のちの米大統領)が反対するなど慎重論は強かった。久間氏は、米国が非人道的兵器の原爆を使用したことに疑義も呈していたのである。
 そもそも、原爆投下という悲劇を招いた大きな要因は、日本の政治指導者らの終戦工作の失敗にある。仮想敵ソ連に和平仲介を頼む愚策をとって、対ソ交渉に時間を空費し、原爆投下とソ連参戦を招いてしまったのである。
 しかし、野党側は、「米国の主張を代弁するものだ」「『しょうがない』ではすまない」などと感情的な言葉で久間氏の発言を非難するばかりで、冷静に事実に即した議論をしようとしなかった。
 疑問なのは、民主党の小沢代表が、安倍首相との先の党首討論で、原爆を投下したことについて、米国に謝罪を要求するよう迫ったことだ。
 首相は、核武装化を進め、日本の安全を脅かす北朝鮮に「核兵器を使わせないために、米国の核抑止力を必要としている現実もある」として反論した。
 当然のことだ。日本の厳しい安全保障環境を無視した小沢代表の不見識な主張は、政権担当能力を疑わせるだけだ。
 久間氏の後任には、首相補佐官の小池百合子氏が就任する。国防をはじめ、国の責任を全うするためにも、安倍政権はタガを締め直さねばならない。
(2007年7月4日1時51分 読売新聞)



わたしの疑問点
1 参院選を目前にして、野党側は、その表現のみをとらえ、安倍政権批判の格好の材料として罷免を求めた。

2 久間氏は講演で、米国は、「日本も降参するだろうし、ソ連の参戦を止めることができる」として原爆を投下したとの見方を示した。これは、誤りではない

3 …、野党側は、「米国の主張を代弁するものだ」「『しょうがない』ではすまない」などと感情的な言葉で久間氏の発言を非難するばかりで、冷静に事実に即した議論をしようとしなかった

4 疑問なのは、民主党の小沢代表が、安倍首相との先の党首討論で、原爆を投下したことについて、米国に謝罪を要求するよう迫ったことだ。
 首相は、核武装化を進め、日本の安全を脅かす北朝鮮に「核兵器を使わせないために、米国の核抑止力を必要としている現実もある」として反論した。
 当然のことだ日本の厳しい安全保障環境を無視した小沢代表の不見識な主張は、政権担当能力を疑わせるだけだ



 特に4番目なのですが、わたしはこの党首討論なるものを視聴していないのでどういうことだったのかわかりません。ただこの文言からだけで考えると、わたしにはこう聞こえるのです。

「わたしたち日本人はアメリカの核の傘で守られているからはじめて平和な暮らしができているのです。それなのにアメリカにいいたいことをそのまま言ったりして、アメリカが日本を守るのはヤメタといわれたら、わが国はどうなるのですか。そこのところをわたしたちはよく考えて言動に慎みなさい。」


アメリカの核の傘がないとしようがない国なのですね、日本は。

                                            (雨が降っても傘なんかささない ネコ)

≪蛇足≫
久間さんがお辞めになったのは野党の力というよりも、地元をはじめ、国民の反発が強かったからからではないでしょうか。国民の反発についてはどうお考えなのでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「社説「防衛相辞任」への疑問」に関して
「読売社説「防衛相辞任」への疑問」を読んだが、疑問点は羅列されているが、何が疑問なのかが示されておらず、疑問点がわからない。 ...続きを見る
INA Blog
2007/07/05 13:09
「読売社説「防衛相辞任」への疑問」について
「読売社説「防衛相辞任」への疑問」について ...続きを見る
Rover
2007/07/06 09:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
私も上の方と同じく、貴方の疑問点が見えませんでした。
久間氏は原爆投下の是非について結論を出していません。迷っている段階ではなかったでしょうか。彼は本音をもらしてしまった普通の叔父さん、って感じがします。一国の防衛の代表者の公式見解としては軽率な発言だったと思う。小沢氏の米国への謝罪要求も今の国際状況下でなされるべき発言だったとは思えませんでした。しかし久間氏が「原爆投下はしょうがなかった」と言いたかったのでないことは理解できる。
suzuran
2007/07/05 17:33
>2 久間氏は講演で、米国は、「日本も降参するだろうし、ソ連の参戦を止めることができる」として原爆を投下したとの見方を示した。これは、誤りではない。

これは誤りでしょう。歴史年表を見れば直ぐ分かります。

>4 疑問なのは、民主党の小沢代表が、安倍首相との先の党首討論で、原爆を投下したことについて、米国に謝罪を要求するよう迫ったことだ。
> 首相は、核武装化を進め、日本の安全を脅かす北朝鮮に「核兵器を使わせないために、米国の核抑止力を必要としている現実もある」として反論した。
> 当然のことだ。日本の厳しい安全保障環境を無視した小沢代表の不見識な主張は、政権担当能力を疑わせるだけだ。

二人はこの問題で4回の質疑応答をしたと聞いています。その一部を抜き出して,自分勝手に文章を創作し,一方を否定しています。
この論法を使っていると,誰もあなたを信用しなくなることを恐れます。
藍愛和
2007/07/05 20:47
suzuranさんへ
コメントありがとうございました。疑問点のわからない「疑問」の一文を書いてしまい申し訳ありませんでした。「読売社説 疑点・その1」というのを書きました。よろしければ、ご一読ください。
damao
2007/07/06 16:20
藍愛和さんへ
コメントありがとうございました。
疑点4については近く補足しようと考えています。
コメントの「その一部を抜き出して,自分勝手に文章を創作し,一方を否定しています。この論法を使っていると,誰もあなたを信用しなくなることを恐れます。」はきびしいですね。いまもわたしのことを信用してくれてる人はそんなにいないのですが。
damao
2007/07/06 16:25
damao さん,今日は。
>いまもわたしのことを信用してくれてる人はそんなにいないのですが。

私は別に信用してくれる人がすくないことをいけないと言っているのではありません。間違った論法で話ししていると,誰も信用しなくなると言っているのです。今は信用してくれる人がいるかも知れませんが。
藍愛和
2007/07/07 16:47
わたしは人を説得しようと思ってこのブログを書いているわけではありません。自分が感じたことを確認するために書いているのです(格好いいですね。笑)。でも、どこかでは同感してくれる人がいることをかなり強く期待もしているのです。あの最後に書いた緑の文字のところは、わたしとしては無理に理屈をこねたとは思っていません。わたしが首相ならアメリカに対してはあのように考え、国民に言動を慎むことを求めるだろうなあ、と思ったまでのことで、深い意味はありません。
damao
2007/07/07 22:48
damao さん,今日は。
>あの最後に書いた緑の文字のところは、わたしとしては無理に理屈をこねたとは思っていません。わたしが首相ならアメリカに対してはあのように考え、国民に言動を慎むことを求めるだろうなあ、と思ったまでのことで、深い意味はありません。

日本の非核三原則は各政治勢力によって,いろいろに解釈され,運動も行われています。私は,非核三原則は日本の国是として世界にアピールしつづけ原水爆がこの地球上から消えて無くなるまで日本は非核三原則を堅持し続けて欲しい,と願っています。

それは別に日米安保反対とか,況や反米運動とは全く関係の無い話です。現在原水爆を持つ国は常任理事5カ国,インド,パキスタンなど,段々増えている現状です。これに歯止めをかけ,核廃絶を目指しましょう。世界の核武装国全体に働きかけることが大切です。
藍愛和
2007/07/08 10:25
藍愛和さんへ
日本の防衛には核が必要だということと、非核三原則は国是だということとは矛盾しないのでしょうか。いまの世界情勢では核を持つ、またはどこかの核の傘に入るのが避けられないのだとしたら、北朝鮮やイランが国家体制維持のために核を持とうとするのは当然という理屈になるような気がします。国防のためには核をもつか、大国の核の傘に入か、どちらかしかない、麻生さんや中川さんはもちろん、久間さんも、そして安倍さんも、本心はそう思っているのではないでしょうか。
daimo
2007/07/12 07:50
素人の独断と偏見ですが,日本の核武装について私は次のように考えています。

朝鮮民主主義人民共和国と米国は二国間協議を始め,共和国は核施設の査察に応じたようです。朝鮮半島の核武装化は阻止されたと思います。そして,日本は核武装しようと思えば明日にでも実現可能な核爆弾製造能力とロケット技術を持っています。米国が共和国と二国間協議を始めた背景には日本の核武装阻止があると思います。極東アジアの核武装国は中国だけで良いと世界の各国が認めていると思います。黄色人種は日本人の兄弟姉妹みたいなものです。

イランは恐らく核武装するでしょうけれど,それはイスラム教徒とキリスト教徒・ユダヤ教徒との共存に必要な核抑止力となるでしょう。イスラエルが核武装しているとの噂があります。事実かどうかは知りようがありませんが,パレスチナ問題の解決にはイランの協力が必要です。

アフリカと南米とには核武装する意思のある国は今の所,存在しないように思います。インド・パキスタンの核武装はヒンズー教徒とイスラム教徒との共存に必要な核抑止力となるでしょう。
藍愛和
2007/07/12 14:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
読売社説「防衛相辞任」への疑問 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる