日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS ネズミ男、同年首相を応援します

<<   作成日時 : 2007/10/06 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回ブログを書いたのは、7月26日「毎日社説『自民も民主も逃げている』」でした。

あれからもう2か月以上が経ってしまい、その間、ご承知のようにわが国の政治のありようは大きく転換してしまいました。右派の論客中西輝政京大教授も「第三の敗戦」(『諸君』10月号)と感じておられるようです。

わたしは7月26日のあの記事の中で、毎日社説が「選挙期間はわずかになったが、自民、民主両党は逃げずに憲法を語るべきだ。そして有権者は判断材料を探しながら、各党、各候補者の見識を見定めていきたい。」と今度の参院選では影が薄くなってみえた憲法問題も視野に入れて投票することを提案していることに賛同し、以下のような感想を書いたのでした。

「憲法9条についてのわたしのいまの考えは、あと3年でその方向を決めてしまうというのは早すぎる、というものです。

少なくとも、A級戦犯に問われていた岸信介元首相を祖父に持つ安倍さん、しかも多くの国民を悲惨な目にあわせたあの大東亜戦争を反省しているようには思われない安倍さん、むしろ美化しているように見える安倍さん、そのようなお考えの指導者のもとでこの憲法を改正することはとっても危険だ。いまのわたしはまだそのように思っているのです。

この考えが正しいかどうか、もうすこし時間をかけて考えてみたい、それがわたしのいまの考えなのです。

この前は郵政選挙で、今度は年金選挙。

でも、終わってみたら消費税と憲法改正がいつの間にか決まってしまう、そんなことにならないことを願っています。」



今度の選挙の結果につづいて、安倍さんがあのような形で政権を放り出してしまったことは、改憲派、中でも靖国参拝派の人たちにとっては大きな後退、”敗戦”だったに相違ありません。

わたしにとっては危惧していたことが遠ざかったのですから、ほっと一安心といったところでした。そのせいでしょうか、改憲派のブログを読むのも、反論を書くのも気力が失せて、この2か月別のことに気をとられて過ごしていました。


ところで、今度は福田康夫さんが首相になられました。

福田さんという方は自民党ではありますが、小泉さんや安倍さん、麻生さんとはやはりどこか大きく違うようです。麻生さんも「小泉さんや安倍さんとは思想・信条が一致するところもあるが福田さんとは違う」という趣旨のことをおっしゃったそうですが、福田さんにしてもきっとそのとおりなのでしょう。私も小泉さんや安倍さん、麻生さんのおっしゃることにはなぜか違和感を感じることが多いのですが、福田さんにはいまのところ違和感はまったくありません。


昨年8月の総裁選のころ、安倍さんが圧倒的な優勢で総裁に選ばれると予想されていたころ、加藤紘一さん実家の放火事件があったころ、私は「加藤、山崎、谷垣さんがいるから自民党は健全」という文をこのブログに書き、福田さんについては以下のように書きました。

「それに、あの福田さん。今度の総裁選では安倍さんに対抗できる最有力候補と期待されていたあの福田さん。小泉内閣の官房長官として、小泉首相の改革の旗を振っていたから、小泉さんとは”ツー、カーの間柄”と思っていたのに、どうも考え方が違っていたらしい。小泉流にはついて行けなかったみたい。」


さて、先きの1週間、まず福田さんの所信表明を寝ころがりながら聞いていました。鳩山さんと長妻さんの代表質問と福田首相の答弁もうとうとしながら飛び飛びに聞いていました。


その感想はというと、首相という職は大変だなあということです。

実は私は福田首相と同じネズミ年なのです。この私のところに首相になってくれと頼みに来ることなんか、1000兆分のそのまた1000兆分の1もないでしょうけど、いまさらなってやろうとは思いもつきません。昨年まではいくらか小遣い稼ぎはしていましたが、もう私の社会的な責任はすんだと考え、いまは毎日何をして楽しもうかと思いながら、散歩をしたり、ピンポンをしたり、絵を描いたり、囲碁を楽しんだり、ブログで憂さ晴らしをしたりして、あと何年かの人生を年金の範囲内で楽しもうと考えております。

あんなに国会では攻撃され、毎日怒りを抑えて低姿勢で対応しなければならず、昼寝や散歩や遊びといったことなどまったくままならないと思うと、まことにお気の毒な感じがしております。

しかし、一方では、この年になってもなおわが国で一番みんなのお役に立てる仕事ができる、かなりの人から期待されている、そのようなお方が同年におられると思うと、とっても誇らしく、やっぱり応援しようと思っているのです。

来週からはじまる予算委員会、我慢、我慢でがんばってください。



                       (まだまだネズミをとることができると思いなおしている71歳のネコ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネズミ男、同年首相を応援します 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる