日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS あなたは元号派、それとも西暦派

<<   作成日時 : 2007/12/23 20:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年もあと10日を切り、賀状書きも大詰めだろうと推測しますが、あなたは「平成二十年」と書く方ですか、それとも「2008年」と書く方ですか。縦書きだと前者、横書きだと後者が、年配の方は前者、若い人は後者が多いのでしょうか。

私も平成のはじめごろまではずっと元号派でした。例えば来年の賀状ですと「平成二十年戊子(つちのえね) 元旦」なんて書いて粋がっていたのでした。しかし、2000年という区切りがきっかけで、西暦派に転向してしまいました。



さて、昨夜、NHKBS2で「フォークとロック」という3時間半の特集番組があり、なつかしくて、9時からでしたが、ずっと最後まで見ておりました。



「70年代はフォークの全盛時代」、「80年代はニューミュージックの時代」、それ以後は「退化と多様化の時代」なんて出演者が解説していましたが、時代と共に新しい歌が生まれてくるのだなあと、感心して見ておりました。わが国が上昇気流にあったころに生まれたフォークというものは、日本人らしさがよく表れていて、いい歌が多いなあ、と感じることでした。今、都市中心に”フォーク酒場”が流行しているとのことでしたが、うべなるかなと思うことでした。

今日のNHKの予告コマーシャルで「むかしの日本人はえらかった。私たちも1つでもいいからそれを超えようよ。」というような爆笑問題のコメントがありましたが、過ぎし日のなつかしいフォークを聴いて、私もまたそれに近い感想を抱いていました。



ところで、もう一つ昨夜の番組を聴いていて心にひっつかかることがありました。

それは、司会者たちの解説の中で「70年代」とか、「80年代」とかいう時代区分が盛んに飛び出すのですが、西暦でいわれると、それが私の個人生活史のどこと重なるのか、すぐにはピンとこないということでした。



70年というのは昭和45年、80年は45+10だから昭和55年か。そんな換算をしてはじめて、「ああ、そのころはあそこであんなふうに暮らしていなあ」と感じるのでした。



新聞の年月日も、確か平成の始まりのころは「平成×年(19××年)」とあったと思うのですが、いまは「19××年(平成×年)」となっています。また、日本人はわが国の元号を使うのは当然で、ヒダリの人たちが西暦を使うという雰囲気があったようですが、いまはもう西暦を使うのに違和感を感じる人は少数派になってしまったのでしょうか。



でも、お役所だけは元号派ですね。最後の砦ですね。



 ≪蛇足≫
今年の干支の「」という漢字は「」(終わる)と「」(始まる)からできています。季節に喩えると冬至のある旧十一月です。だから、来年は「一陽来復」のめでたい歳なのです。干支というのは、そういう哲学的深い意味をもっているのですから、たかが西欧文化圏で使われていたデジタル年号の西暦なんか止めて、60年周期の干支を人類の宝として国連が採用するようわが国は提案すべきでしょう。

物事は一朝一夕にはいかないでしょうから、まずはアセアン会議に、それもむずかしいなら日中韓で、それもむずかしいなら、「隗より始めよ」で、同じ漢字を使っている日本と中国ではじめたらいかがでしょうか。

27日の福田ー胡錦濤会談で提案されたら、胡さん、「ユーハオ、ユーハオ」と、さぞやよろこばれることでしょう。


そは さらに いとど はらだたしく たえがたきことと おぼす ひと いませば、その ひと、からことば もちひる ことなく、やまとの ことのはのみにて、おしかり うけたまはりたくぞ はべる。

(「そのようなことは『なおさらとっても腹立たしく、耐えがたいことだ』とお思いになる人がいらっしゃいますなら、その人は漢語を用いず、和語だけでご叱責をいただきとうございます。」といいたいのですが、伝統的日本語、正しかったでしょうか。。)

                            (元号派でもなく、西暦派でもない、干支派のネズミ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あなたは元号派、それとも西暦派 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる