日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS オバマ氏暗殺を期待? ヒラリー氏失言

<<   作成日時 : 2008/05/24 15:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 3

いよいよアメリカ民主主義の真価が問われる時期に来ているのでしょうか。

このままいけばオバマ氏が民主党の大統領候補者指名を獲得することになるのでしょうが、ヒラリー・クリントン氏は頑迷(?)にもこの予備選から、なかなか降りようとしません。

それだけでなく、悪あがきとでもとれそうな失言をいろいろと繰り返しているようですが、今日のYahooニュースによると、とうとう「オバマ氏は暗殺されるといい」と聞き取れる失言をしたとのことです。
画像

オバマ氏暗殺」を期待? ヒラリー氏大失言(5月24日9時59分配信 産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080524-00000910-san-int(産経)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080524-00000020-yom-int(読売)

 【ワシントン=山本秀也】米民主党の大統領候補指名を争うヒラリー・クリントン上院議員は23日、劣勢の選挙戦を継続する理由として、同党の候補指名を目指したロバート・ケネディ元司法長官が1968年6月に暗殺された事件を挙げた。ライバルのオバマ上院議員が“不測の事態”に見舞われることを期待したともとれる極めて不穏当な発言で、同氏は「遺憾だった」と陳謝した。
 来月3日に予備選を控えたサウスダコタ州スーフォールズの地元紙オーガス・リーダーとのビデオ会見で、クリントン氏は、「私の夫は92年、6月半ばのカリフォルニア州予備選で勝つまで活動をやめなかったでしょ。ボビー(ロバートの愛称)・ケネディがカリフォルニアで6月に暗殺されたことは、みんな覚えているわよね。だから(選挙戦撤退の要求について)私は理解できないわ」と語った。
 テキサス州ダラスで暗殺されたケネディ元大統領の実弟で、司法長官や上院議員を務めたロバート・ケネディ氏は、68年の大統領選で、民主党の候補指名に向けた選挙活動を展開した。しかし、カリフォルニア州予備選での勝利直後、ロサンゼルスのホテルで銃撃されて死亡。民主党内の足並みは乱れ、本選で同党候補のハンフリー副大統領は共和党のニクソン候補に敗れていた。
 黒人初の大統領をめざすオバマ氏には、昨年の序盤戦段階から襲撃の懸念が浮上し、シークレット・サービスが身辺を厳重に警護している。クリントン氏は、オバマ氏を「恥知らず」呼ばわりしたり、武勇談を創作したりと放言や失言を繰り返してきたが、ケネディ暗殺をオバマ氏に重ねたともとれる発言は、米メディアが一斉に報じる騒ぎとなった。
 クリントン氏は「(言及した暗殺は)歴史的な事実だ」としながらも、騒ぎの広がりに「発言が国全体やケネディ家のみなさんを傷つけたのなら遺憾だった」と陳謝した。オバマ選対では、「発言は残念だ」と、あきれ気味にコメントしている。



アメリカの民主主義、一体どうなるのでしょうか。

なお、私は去る1月29日、このブログで「オバマ氏、暗殺の心配ないのか」という文を書きました。
http://lailai-hanyu.at.webry.info/200801/article_15.html(オバマ氏、暗殺の心配ないのか)
http://lailai-hanyu.at.webry.info/200802/article_2.html(71歳、福田、マケイン、そして私)



アメリカはワスプ(WASP)の国”なのですから、次の大統領はワスプ(WASP)であるマケイン氏がなるのではないでしょうか。


中国の一党独裁政権の崩壊はもうはじまっているのではないかと思っていますが、我が国の実質一党独裁政権だった自民党政治も沈没寸前のようです。一人強大国のアメリカだけでもしっかりしてほしいと期待しているのですが、もう末期高齢者だと思っている私と同年齢のマケイン氏が政権につくとしたら、己が体力・知力を知る者としては、やっぱり心配です。それに自由と人権と民主主義のお手本である国で、またまた暗殺などあったら、人類は一体何を信じたらいいのかわからなくなってしまうのではなでしょうか。


(昔の杞人は天空が落ちてこないかと憂いたけれど、今の私たちは地球の温暖化を恐れている、それを四字熟語でなんと表記したらいいのか、そんなくだらないことを考えあぐねるネズミ)

≪追記≫
ワスプ(WASP)とは以下の3つの単語の頭文字で、アメリカで大統領になる伝統的な条件なのだそうです。
W――白人(White)
A――アングロサクソン(anglo-saxson)
P――プロテスタント(protestant)

また、「成長期よ、永遠なれ」の「ヒラリー・クリントン 失言の真意」は参考になりました。
http://psuke.at.webry.info/200805/article_13.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【四字熟語】についてブログでの検索結果から見ると…
四字熟語 をサーチエンジンで検索し情報を集めてみると… ...続きを見る
おまとめブログサーチ
2008/05/25 01:56
Buy adderall no prescription cheap.
Adderall no prescription cheap. Cheap adderall. ...続きを見る
Buy adderall online ...
2008/11/12 08:17
Buy oxycontin online.
Buy oxycontin. Buy oxycontin without membership. ...続きを見る
Buy oxycontin.
2008/11/13 18:31
Adderall.
Adderall xr headache. Adderall. Where to buy adderall. ...続きを見る
Adderall hematuria.
2008/11/16 05:43
Adderall side effects.
Where to buy adderall. ...続きを見る
Snorting adderall.
2008/11/16 09:56
Vicodin detox.
Vicodin. Buy vicodin. ...続きを見る
Vicodin.
2008/11/17 01:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「天空が落ちてくる」というのは、文字通り杞憂ですが、「地球温暖化」は決して杞憂ではないと思います。それを四字熟語で何というかというと、「因果応報」ぐらいしか思いつきません。
 よろしければ、拙稿 『地球温暖化「エセ科学」論について』http://86959807.at.webry.info/200804/article_31.htmlをご覧下さい。
 もっとも、田中宇氏のように、「地球温暖化」さえ「杞憂」だという人もいますが。http://www.tanakanews.com/080422warming.htm
子欲居
2008/05/25 10:03
『地球温暖化「エセ科学」論について』の論に異論はありません。ただ、60億の人たちがみんな私たち並みの生活に近づけるのか、100年後ははそうなるのか、とても疑問です。
田中宇さんの論文、専門的なので、私の素人の直観的な知識では理解が難しく、ひょっとしたらそうなのかなあとも思ったりしています。田中さんのブログ、勉強になりそうなので、今後ものぞいてみようと思っています。
damao
2008/05/25 17:34
コメントありがとうございました。
驚きました。何度か拝見させていただいていたものですから。
今後もお邪魔して拝読させていただきます。

マケインを選ばざるを得ないアメリカも酷く病んでいます。
温暖化>私も「因果応報」に賛成です。
ぴーすけ
2008/05/25 20:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
オバマ氏暗殺を期待? ヒラリー氏失言 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる