日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 通り魔事件はよくあることだ

<<   作成日時 : 2008/06/14 10:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

6月8日に秋葉原通り魔事件が起きて、わたしは「誰でもいい殺人―2度あったことが3度も」、「通り魔はどうして男なのか」、「通り魔はどうして男なのか(2)」と3つの駄文をブログに書きました。

これまでこうした犯罪事件などまともに考えたことはなかったので、私が考えたことは単なる思い付きで、したがって、なんとなく以下のように感じ、考えたのです。つまり、むかしはこんなことはなかったこんなことが頻発するのは時代のせいだ。その時代とはいまが格差社会だからだ。バーチャルなオタク文化の全盛時代だからだ。


ところで、巷にはびころ凶悪犯罪の誤解を解くブログをうたったパンダマンさんの「凶悪犯罪の誤解を解くページ」を読ませてもらうと、どうも私の考えは浅はかな素人論だったようです。http://pandaman.iza.ne.jp/私はイザのブログにどうやってコメントしたらいいのかわからないので、以下、無断で引用させていただきます。)


パンダマンさんはこの事件に似た事件は今年の土浦事件の他にもいくつもあったと、その例を多数挙げておられます。(整理の都合で、表記や順序は変えております。お許しください。)

徳島連続通り魔事件2001.10.25
徳島市内3カ所で男女計4人が男に刃物などで刺され、軽傷。
下関通り魔事件 1999.9.29
JR下関駅構内に車が突っ込んで通行人をはね、さらに車から降りた男が包丁で人々に次々と切り付けた。男女3人が死亡、1人が意識不明の重体、11人が重軽傷を負った。 (この事件は14日の夕方のニュースで私もみました。)
池袋通り魔事件 1999.9.9
池袋東急ハンズ付近の路上で、10名の男女が包丁とハンマーを持った男に次々と襲われた。2人が死亡、6名が重軽傷、2名が服などを切られた。


その他として青酸コーラ無差別殺人(1977)、新宿バス放火殺人事件(6人死亡・1980)、深川通り魔殺人事件(5人死亡・1981)、パラコート連続毒殺事件(1985)などを挙げ、「さらに言うと、明治あたりにはしよっちゅう、「十人斬り」「二十人斬り事件」なんて事件が起きてます。」といっておられます。


また、こうした無差別大量殺人は日本人特有のものではなく、世界各国でも発生しているとして、以下の例をあげています。

バージニア工科大学銃乱射事件(2007年 アメリカ、容疑者を含む33名死亡)
コロンバイン高校銃乱射事件(1999年、アメリカ、15名死亡)
テキサスタワー乱射事件(1966年、アメリカ、16人死亡)
ポートアーサー事件 : 1996年、オーストラリア、35人死亡
ジョージ・ヘナード事件(1991年、アメリカ、22人死亡)、
ジェイムズ・ヒューバティ事件(1984年、アメリカ、21人死亡)
禹範坤による事件 : 1982年、韓国、57人死亡


格差社会だからだというのは、犯人の責任を転嫁するもの、バーチャルなオタク文化のせいだとするのも「こんなものが影も形もなかった時代の少年、若者の方がはるかに多くの犯罪を犯しています。それと最近、若者はほとんどがこのような機器を利用しているので「米を食べた人間が犯罪者になる」と同じような論理だと思います。」と痛烈に批判されています。


時代のせいにしたり、文化のせいにしたり、我が国リーダーのせいにしたりしたのは、浅はかでした。やっぱり、1人の狂人の仕業であり、どうにも防ぎようのない人災・災難と考えるしかないのでしょう。


謹んで被害に遭われた方のご冥福、お祈り申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「秋葉原無差別殺人事件 第80号 08年6月15日」について
「秋葉原無差別殺人事件 第80号 08年6月15日」について >労働者を「幹部候補生」と、高度な技術を持った「スペシャリスト」と、使い捨ての「激安労働者」に分けて使うことを提言した。 ...続きを見る
気まま・・な日記
2008/06/15 01:35
【理解不能の文章】池袋通り魔との往復書簡
自己愛的人格障害者がゴロゴロしている状況こそが問題である。 ...続きを見る
ぱふぅ家のサイバー小物
2008/06/25 00:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
通り魔事件はよくあることだ 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる