日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 竹中平蔵はどうして元気がいいのか

<<   作成日時 : 2009/01/03 11:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

元日夜のNHKスペシャル「激論2009」一応聞いていたのですガ、聞きながら他のことをしており、またかなり前から難聴気味で、特に近頃はそれがひどく、朝ドラを女房が見て笑っても、どうして笑ったのかをいちいち聞く始末。あの激論も大筋だけはなんとなくわかった気がしているが、細かな論調は勝手に補って理解している、ですから、まともに批評はできないのです。

ただ雰囲気で、なんとなく感じられたのは体制批判派なのかなあと思う金子勝、山口二郎、斎藤貴男、勝間和代よりも、体制派の竹中平蔵、岡本行夫、八代尚宏の方が優勢で、特に竹中平蔵はとっても元気があった、そんな感じでした。

先にも述べたように細かな論議は理解できていないのですが、私はどちらかというと小泉・竹中路線は間違っていたと思っている方なので、あの竹中さんのなんら悪びれることもなく、堂々と、滔滔と”正論”を主張されているのを見ると、私は間違った認識をさせられているのかも、と思えてきました。

もしそうなら、小泉・竹中路線が間違いないのなら、それならもう一度小泉純一郎が麻生太郎に代わって、“選挙の顔”として今度の総選挙に打って出たらいいのではないでしょうか。きっと自民党は政権与党としてもどってこれる、私はそう思うのでした。

確か雇用のセフティーネットのことで、竹中さんは「派遣切りが問題になっているのは、改革が途中でストップしているからだ」という趣旨の発言をしていたように聞き取れたのですが、今の日本の政治が小泉・竹中路線の後退であるのなら、どうしてもう一度改革の先頭に立って、「誰もできないのならオレがやる」とおっしゃらないのでしょうか。

日本国のためになるという信念を持って始めた改革、むざむざと後退しているのなら、改革の当事者の心中はさぞや切歯扼腕、残念で残念でたまらないのではないでしょうか。

それなのに小泉さんは、まだ70にもなられないのに、さっさと引退を決めてしまっています。ブレーンの竹中さんもさっさと政治家を辞めて、気楽な学者として評論活動に専念してしまっています。自分たちが掲げた改革の旗を最後まで掲げて、日本のためになる改革の実現へ向けて身を呈する、どうしてそうはなさらないのでしょうか。


竹中さんの自信に満ちた威勢のいい論調を眺めながら、私は次の諺や故事を思い浮かべてしまいました。

生兵法は大怪我のもと

創業は易く守成は難し


      (老眼鏡に入れ歯、そして補聴器。やがてこの三種の神器が離せなくなる 正真正銘末期高齢 ネズミ)


                           

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[机上の妄想]「国家理性」を詐称し「雇用切り派遣村」(Jap. Shanty Town)を創った「小...
<注記> この記事は、ほぼ下記◆の内容と同じですが、「小泉劇場」の罪状と責任を明確化するため、直近の関連情報を付加・配置し直したものです。 ◆2009-01-02付toxandoriaの日記/「CDS金融時限爆弾」と「米SEC&経団連の腐敗」が予兆する「市民・理性ルネサンス」への期 ...続きを見る
toxandoriaの日記、アートと社会
2009/01/05 11:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やはり世の中は白か黒かの完璧主義は難しいということではないでしょうか。
郵政
2009/01/03 17:23
本当言うと私は小泉・竹中経済政策、深く考えたことはなく、どうして郵政民営化が必要なのかさへもよく理解できないでいるのです。いまの郵便局、緊張感をもって働いているようなので、よかったのかと思ったり、人はどうして収益収益ときりきり働かないといけないのかと思ったり、評価はいつも揺れています。
私が小泉さんが嫌いになったのは、経済などの政策ではなく、ただ1点、私が”半”日本人だからでしょうか、あの靖国へのこだわりが原因でした。小泉・竹中経済政策、案外日本の未来を見据えた立派なものだったのかも、そう思うこともあります。
damao
2009/01/04 09:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
竹中平蔵はどうして元気がいいのか 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる