日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS お灸や叱咤激励ではなく犬の遠吠え、それとも

<<   作成日時 : 2009/02/19 19:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

 いまや麻生自民党は後から鉄砲、前から鉄砲、至近距離からピストル、そしてアルコールで自爆と、まるで沈みゆくタイタニック船内の、でもまだ傾いた程度の様相です。 

 それにしてもなんだって小泉さん、「笑っちゃう」発言につづいて、「欠席」発言までしつこくされたのでしょうか。

 「笑っちゃう」発言については官房長官の「お灸をすえられた」、首相の「叱咤激励」といった受け止め方に納得していたのですが、18日の定額給付金3分の2議決には「欠席する」との再度の明確なご発言、お灸や叱咤激励ではなく、もうピストルによる威嚇射撃みたいなものでしょう。 (高村元外相は麻生内閣狙いうちの対戦車用のバズーカ砲といっていました。こちらの比喩の方がいいようですね。)

 最初の衆院議決の時から、最終的には3分の2議決になることは素人の私にもわかることで、いまさら「参院で話し合って」なんて、たとえ国民的人気の高い小泉さんでも今の麻生総理の立場なら不可能なことは明確なはず。枡添厚相のおっしゃるように、あまりにもtoo late(遅すぎる)ではないのでしょうか。

 それでもなお頑固に、執拗におっしゃるところが、奇人・変人たる所以でしょうか。 (筆の勢いで「狂犬のように」と書いたのですが、あんまりかと思って削除しました。小泉さん、ライオンといわれたこともありましたが、やっぱりオオカミか攻撃的なシェパードでしょうか。ちなみに私はネズミです。)

 ワン・フレーズだけだと大変よくわかるのですが、フレーズとフレーズのつながりとなると私にはわけがわからなくなるのです。

 参謀の竹中平蔵さんが18日の朝日と読売でのインタビュー記事で「あのような発言をしたのは郵政見直しへの警告」と述べていましたが、おそらくそうなのでしょう。

 郵政見直しの気運はどうして小泉さんをあのように野犬のように攻撃的にさせるのでしょうか。


 それにしても小泉さん、いったい何のためにロシアなんかに行っているのでしょうか。もう引退決めてる方だから、そこまでいう必要がないのか、新聞読んでも、テレビを見ても、オペラ鑑賞以外、何をされて1週間過ごされたのかさっぱりわかりません。


  (ロシアといえば私が外国文学を最初に読んで感動したのが『復活』。『アンナ・カレーニナ』とか『戦争と平和』
   とか『罪と罰』とか『カラマーゾフの兄弟』とかに挑戦して、とうとう浪人○年までした  若き日のネズミ)


≪追記≫
ところで、酔語酔吟 夢がたり様ブログに「From Russia with Love 」( ロシアより愛をこめて)という映画主題歌があることを思い出させてくださったので、その曲貼付します。できましたら、この曲をBGMにお読みください。
http://www.youtube.com/watch?v=20UkVEwgMco

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ショーン・コネリー、若くてやせてますね。いかにもアメリカウケする二枚目で、見入ってしまいました(笑)。小泉さんは、引退表明して自分で発言力を捨ててしまいました。ああいう政治家も政治手法もしばらくは通用しないと思います。
tesa
2009/02/19 23:38
小泉さん、麻生さんへの忠告かと思っていたら、真から怒っているみたいですね。あの攻撃的な目、私にはオオカミかシェパード、狂犬か野犬か、草食性動物の私にはおそろしく感じられます。どうして民主党に利するような行動を取られるのでしょうか。
damao
2009/02/20 10:44
 私事で恐縮ですが、今夜21日の最終便、またまた貴ブログのことを若干、ふれさせていただきました。政治の時局論は不毛ですね(笑顔)。
つき指の読書日記
2009/02/21 11:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
お灸や叱咤激励ではなく犬の遠吠え、それとも 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる