日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本は世界のトップ・ランナーだ

<<   作成日時 : 2009/03/12 18:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 総合雑誌『WiLL』3月号に【総力特集 政権交代の悪夢】という特集があり、その中に収められている以下の二つの論文を私は読んでみました。

 小沢“独裁国家”は危険だ    森田実
 腰抜けばかりの民主党に喝!  亀井静香 



 森田論文は小沢民主党代表が参院選に勝つために「生活第一主義」「政治は生活」を掲げて勝利しましたが、小沢代表が一番やりたいことは国連中心主義の安保・外交政策だとのことです。今も「生活第一主義」を口にしていますが、「政権をとったら何をやるか」についてはなんにもいっていないとのこと。党内にも自由な論議が見られないとのこと。そういう状況で小沢代表に政権を任せるのは白紙委任できわめて危険だ、そういった批判です。

 私は勉強不足で、民主党の衆院選マニュフェストが森田氏の指摘のように参院選と同じなのかどうか、まだ確かめていません。ただ、この”独裁”という言葉、口数が少ないから誤解されるのかもしれませんが、実は私も疑念を抱いていたのでした。あの大連立騒動の時にどうして民主党はみんなで辞任を引きとめたのか、合点がいかなかったのでした。

 でも、です。

 今は小沢代表がどうこうということではなく、とにかく政権交代によってのみ今の既得権益享受者に打撃を与え、反省させうる、そのためには民主党に勝ってもらうのが一番だ、そう私は思っているのです。

 もし小沢代表が政権について“独裁国家”をつくろうと画策するのなら、その時点でみんなで引きずり下ろす、そういうことが可能な制度が本当の成熟した議会制民主主義の国家である、私はそう思っているのです。また、小沢氏は何が何でも首相の座にしがみつく、誰かさんみたいなそんなところは案外ないのでは。最近はそう感じているのです。ですから、森田氏のご忠告、しばらくは棚上げさせていただく、そういうことにしました。


 次に政治ジャーナリスト大木英治さんがインタビューをしてまとめた国民新党の亀井静香代表代行の論文です。

 このタイトル、「腰抜けばかりの民主党」というのは民主党への侮蔑の言葉ではなく、叱咤激励の“”なのです。
 
 どうして民主党は腰抜けなのかというと「政権与党というものは政権を維持するためには何でもやる、その恐ろしさを忘れている」から、腰ぬけなのです。

 「法案通過に協力するから、通ったら解散しよう」、そんな甘い期待をする。だから亀井氏は民主党に対してずっと「問責決議案でも審議拒否でもなんでもして、総辞職するしかない状況に追い込め」といいいつづけているのだそうです。でも、腰が引けている、だから腰ぬけなのです。

 そういえば2月末、国民新党が求める参院への首相問責決議案の提出に、民主党が慎重だったので、亀井代表代行が激怒し、安住淳民主党国対委員長代理の更迭を要求した、そういうニュースがありました。


 さて、元自民党総裁候補、警察官僚経験15年の亀井静香氏、小沢政権にまずは何を期待しているのでしょうか。

 簡単に言うと、「日本は世界の先頭に立て」ということです。

 いまのアメリカはオバマ政権になって80兆円もの大規模経済政策を打ち上げました。しかし、あまり報道されてはいませんが、アメリカにはお金がないのです。金庫の中はからっぽなのです。すでにアメリカは日本から200兆円近くも借りているのです。中国からも借りています。

 ところが日本には1467兆円という個人資産金融があるのです。アメリカも当然それを当てにしているます。ならば、日本は先手を打って100兆円を用意し、オバマ大統領やサルコジ大統領に「これから来い。集まれ」と呼びつけるのです。この100兆円を使って日本が世界を救う先頭に立つのです。今までのようにアメリカに怯える必要はないのです。それだけの力があるからです。今までの日本は一周遅れのランナーで、今はうずくまっています。この機に一周遅れから世界の先頭に立って走るのです。亀井氏の論、つづめていえばそんなことです。

 なんとも胸のすく提案ではないでしょうか。ただ、その100兆円、どのようにして国民から集めるのでしょうか。「無利子非課税国債」にするといいのだそうです。この提案、現実的可能性があるかどうかは今の私にはわかりませんが。

 また、こうも書かれています。

 「小沢さんが挙党一致内閣を作り、世界を救う提案をすればいい。たとえ途中で身体が持たなくなっても、ちゃんとできる人を指名すればいい。すると、あの混ぜご飯の国会もまとまる。」

 この論文の最後はこうなっていました。

 「重要なのは未来に向けて、どういうことをするかだ。いまの日本を立て直すには、もう党派を超えて結束していくしかない時なのだ。」

           (訪日のオバマ昼食会は日本戦略国際問題研究所メンバーと、サルコジは大相撲案内がいい、
            そう提案する 世界的イベント・プランナーのネズミ)

≪蛇足とお断り
 小沢代表、「済州島を買っちまえ」発言、びっくりですね。でも、「対馬を買うという話があったから、それなら・・・」という文脈なら、許されますか。
 なお、この論文、正直に言うと本屋での2日にわたる立ち読みでした。記憶のズレがあること、お断りいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本は世界のトップ・ランナーだ 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる