日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 竹中平蔵さん、やっぱり元気だ

<<   作成日時 : 2009/03/03 13:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 元日夜のNHKスペシャル「激論2009」に竹中平蔵さんが出ていて、金子満さんらを相手に討論していたのでしたが、その時の印象を「竹中平蔵はどうして元気がいいのか」という文にしてアップしました。
http://lailai-hanyu.at.webry.info/200903/article_2.html
                        
 3月1日のテレビ朝日「サンプロ」では竹中さんが出演して国民新党の亀井静香議員と「ガチンコ対決」をしていました。
 
 相変わらず竹中さんは雄弁で、亀井議員の発言内容よりも竹中さんの方に分がある、そんな感じでした。コメンテーターの財部さんもはっきりと竹中さんを応援していて、私が好きな朝日の星浩さんもなんとなくそんな感じでした。

 とすると、今話題になっている簡保の宿一括売却とか中央郵便局建て替え問題とか、鳩山総務相がいろいろ発言されていますが、あれは不当な横やりなのでしょうか。簡保の宿一括売却契約は白紙になりましたが、毎年垂れ流される40憶とかの赤字がさらに堆積されて、国民の税金負担が増大する、だとしたら「いちゃもんつけた鳩山さんは責任をとれ」ということになりそうです。


 どうもこの一連の郵政問題、素人である私にはどちらの言い分が正しいのかだんだんわからなくなり、でも、この問題に一番詳しく精力的に取り組んでいるのはあの植草一秀さんのようで、1日、2日の植草さんのブログにこの番組に関する記事が掲載されていました。

 それを読むと、なんでもすぐに和雷同しがちな私ではありますが、やっぱり田原総一郎のあの番組の方がおかしく、竹中さんはいずれは逮捕されるに違いない、そうなったらいい気味だと思うようになったのでした。


 それでは植草さんの記事をお読みください。
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/ (テレ朝サンプロ十八番『かんぽの宿疑惑』偏向報道)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/  (竹中平蔵氏の狼狽と「かんぽの宿」売却附則の矛盾)

 
 ところでこの植草一秀さんという人、ミラーマンとして有名な方で、しかも同じような破廉恥行為で2度まで逮捕された方なのです。ですから、こんな品性お下劣な人の書いたものだれが読むかと敬遠していたのでしたが、読んでみると示唆に富む内容が多く、説得力があるので、今はひょっとしたら植草さんご自身が主張されているように、りそな銀行疑惑を追及していたためにハメられた説、「本当なのかも」とかなりの確率で信じるようになってきているのです。 (仮にそんな性癖のある方だとしても、書かれてあることが真実なら、人格とは関係ない、男性には寛容な私、そうも思うのです。)


 亀井さんも竹中さんも横やりをいれている鳩山さんも、みんな保守系の方々なのですが、どうして利害が一致しないのでしょうか。一体どちらが正しいのでしょうか。

 やっぱり日本の保守層にも2派があって、大雑把に分けると一つは親米グローバリズム派、もう一つは親米ナショナリズム派で、グローバリズム派は世界のハゲタカ派に通じているのですから、お金儲けは格段に上で、したがって経営困窮の既成マスコミ界も親米グローバリズム派に加担しているのではないのか、私は勝手にそう想像するのでした。

 実はこの記事、今日のコーヒーとカエクレアさんの「シティ救済とりそな救済…流れがだぶって見える」に触発されて、あの番組を見たことを思い出して、書いたのでした。
http://coffee-eclair.at.webry.info/200903/article_3.html

 コーヒーとカエクレアさんの記事の中で、竹中さんとりそな銀行との関わりをベンジャミン・フルフォードという方が記述しているという紹介がありましたので、その記述の一部を引用させていただきます。
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2007/02/post.html

 (引用)
 竹中平蔵氏がアメリカの雑誌Newsweekで「大きすぎて潰せないことはない」ということを断言した。
 その後、銀行株、特にりそなの株はどん底まで落ちた。みんな潰れると思っていたから。
 そのどん底に落ちた時に、なぜか外資ばっかりが銀行株を買いあさった。
 日本人の金融が一部の特定の外国人ファンドの手に入ったときに竹中氏が「やっぱり救済します」と言って、血税で銀行を救済した。そのお陰で一部の特定の外国人ファンドはぼろ儲けした。
 そしてその後、救済された銀行がたくさん自民党の一部の先生にお金をばら撒くようになった。
 おそらく日本の金融界ののっとりに協力したためのご褒美だろう。  (引用終わり)


 ところで、このサンプロのスポンサーにアカグループというのがあり、どこかで聞いたことがある、ひょっとしてあの田母神俊雄さんの論文募集したところではと思って調べてみたら、やはりそうでした。
http://www.apahotel.com/news/index.html


    (昼間があれば闇夜もある。闇夜のことなら人間様より私の方がずっと目が利く 闇夜でしか動けないネズミ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
竹中平蔵さん、やっぱり元気だ
 元日夜のNHKスペシャル「激論2009」に竹中平蔵さんが出ていて、金子満さんらを相手に討論していたのでしたが、その時の印象を「竹中平蔵はどうして元気がいいのか」という文にしてアップしました。 http://lailai-hanyu.at.webry.info/200903/article_2.html                           3月1日のテレビ朝日「サンプロ」では竹中さんが出演して国民新党の亀井静香議員と「ガチンコ対決」をしていました。    相変わら... ...続きを見る
日日是生日(毎日が誕生日)
2009/03/03 14:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
竹中平蔵さん、やっぱり元気だ 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる