日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ムネオ日記」抄(12)―小沢辞任まで

<<   作成日時 : 2009/05/12 16:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

http://www.muneo.gr.jp/html/diary200905.html              鈴 木 宗 男

 私は昨年8月、「小沢さんより岡田さんがいい」を書き、3月3日の夜は「小沢氏秘書を逮捕、これはチャンスだ」というタイトルで、ダジャレではありますが、「CHANGEのCHANCEは今だ。つまり、に入れ替えるのだ」と書いてきました。しかし、その後は小沢氏への評価も変わり、既成権力に対抗できる大物政治家だと思うようになっていました。
 この一連の小沢騒動の中で、私はいつしか新党大地の鈴木宗男議員の日記を覗くようになりました。しばらく休んでいましたが、小沢氏代表続投を熱く支持してきた宗男氏が、11日の代表辞任をどう受けてめ、今後の展望をどのようにお考えなのか、「ムネオ日記」の5月の記事の中から、抜き出してみることにします。




2009年5月1日(金)

 10時15分から第80回全道メーデー大会に出席。民主党小沢代表も急遽来られ、大いに盛り上がる。
 小沢代表は「政権交代のため、自分自身の身の朽ちるまでその使命を達成することを約束する。」と、政権交代に向けて頑張る決意を披瀝し、参加者も拍手で応えていた。私にも挨拶の機会があったので、「小泉政権以後の新自由主義政策により、弱肉強食、負け組・勝ち組と格差が広がってしまった。この流れを断ち切るために、来るべき総選挙において北海道12小選挙区で全勝し、北の大地から政権交代の狼煙を上げよう!」と訴える。
 更にもう一つ、西松献金事件について、「小沢代表は説明責任を果たしていないとよく言われるが、企業・団体献金の即時禁止と言った小沢代表は、最高の説明責任を果たした。法律には触れないが、今まで甘え、惰性により戴いていたものを即時禁止すると言ったことは、国民に対するお詫び、反省であり、この小沢代表の決意を民主党は重く受け止めるべきだ」と言わせてもらった。
 大会終了後、「鈴木さんの言うとおりだ。よくわかりました」という声を沢山の人から戴き、有り難い限りである。
 大会前に小沢代表と話をする機会があり、民主党内の動き、個々の政治家の発言、考え等々聞かせてもらった。私と同じ認識、受け止めだったので、意を強くした次第である。
 ここは裂帛(れっぱく)の気合いで、小沢代表には信念を持って権力と立ち向かって戴きたい。(後略)


2009年5月2日(土)

 SMAPのメンバー草g剛さんが不起訴になった。当然と思うが、改めて逮捕、家宅捜査までする必要があったのかと考える。一般市民を守るためにも、国会議員は「明日は我が身」と思って、権力の乱用をチェックすべきでないか。
 西松建設献金事件でも、検察からは何の説明もない。公設第一秘書が逮捕され、その2日後から検察側しか知り得ない情報が大量に報道された。岩手県胆沢ダム受注でのあっせん収賄、あっせん利得に事件が発展するかの情報ばかりであった。この点はどうなったのか、国民に対して説明があって然るべきではないか。
 間違った情報を善良な国民は鵜呑(うの)みにしてしまうと、間違った人物評価、判断につながる。小沢代表に説明責任が足りないという前に、メディアと検察も自らが行ってきた報道、捜査が真実であったか、公正、公平であったか、この連休中に検証してみてはいかがだろうか。(後略)


2009年5月8日(金)

 どの新聞も小沢民主党代表のことを話題にしているが、「やめる・やめない」「選挙に勝つ・負ける」の議論より、「民主主義の危機」という視点から考えることも大事ではないか。
 権力が暴走し、狙われたらどうしようもない。メディアの皆さんも検察情報が100%正しく、真実であると思って報道しているだろうか。裏付けの取れない話は、それを信用して書くしかない。書かないと次の情報提供はない。その繰り返しではないか。
 小沢代表が検察と向き合った結果、検察リークは著しくなくなった。その証拠に西松事件の記事が途絶えて久しいのではないか。
 私も中川一郎先生の秘書をしていた時、全権を任された。必要なことしか報告していない。現在、自分が国会議員になり、全てを秘書に任せており、必要な報告を聞くだけである。今回の西松事件でも、「秘書を信用している。やましいことはない」と言い切った小沢代表の言葉が真実で、最初から小沢ありきで動いた検察は、国民に説明責任を果たしていない。
 西松建設の国澤前社長が保釈され、来月19日に初公判があるという。国澤社長から国民にわかるように真相を話してほしいものだ。二階大臣との件、他に大口献金した政治家との関係を正直に語ってもらうことが何よりである。
 それにしても、小沢代表の公設第一秘書が逮捕された直後、あっせん収賄で逮捕されるとか、あっせん利得で事件になるとか報道されたが、何も出てこない。ということは、小沢代表の発言が正しかったということではないか。
 7年前の私の事件の時も、「ムネオハウス」、「北方四島のディーゼル発電」、「アフリカODA」で捕まると言われた。しかし、今何も事件になっていない。私の経験を振り返りながら、小沢代表が信念を持って行動していることを多としたい。
 昨日、小沢代表にお会いしたが、国民にお騒がせしたこと、民主党に期待している多くの人に心配をおかけしたことをとても気にされていた。あわせて、この難局に対し、ぶれることなく政権交代に向けて全力を尽くしていくという気合いも感じられ、頼もしく思った。
 小沢代表が企業・団体献金の禁止を発表したことは、「今まで甘えの構造、惰性の政治、金額の大きさ等々、国民の目線に合っていませんでした。反省し、お詫びします。一切禁止とし、国民の皆様と共に歩んで参ります」という小沢代表の国民への説明と決意であることを、民主党の国会議員は重く受け止め、実行に移すべきである。
 本日、本会議場で岡田克也代議士に、「企業・団体献金禁止を即実現することが、民主党が一番やらなくてはいけない政策です」と進言させて戴いた。岡田代議士も十分理解し、一日も早く実行してくれることを期待したい。(後略)


2009年5月11日(月)

 15時過ぎ、民主党小沢代表が辞任するというニュースにびっくりする。
 まもなく小沢代表ご本人から電話が入り、「政権交代を実現するために代表を辞めることにした。数々のご支持、激励に心から感謝します」と丁重なご挨拶を戴いた。
 言い訳や責任転嫁に終始し、また、政権を放り投げた政治家が多い中で、大儀に向かって毅然と決断した小沢代表の姿勢を多としたい。
 民主党は、小沢代表のこの重い判断を、政権交代に向けての大きな第一歩にしなくてはいけない。(後略)



     (反権力急先鋒は共産党かと思っていたのに、そのコメントは敵に塩を送るようなもの。新党大地のムネオ
      さんとか、国民新党の亀井久興さんとか、政権党飛び出し組を応援したい 判官びいきのネズミ)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 鈴木宗男はわが選挙区ですが、若い頃から苦労に苦労を重ね、世襲をはねのけ、連続当選を果たしてきましたし、一を聞いて十を知る、そういうタイプだと個人的体験で判断しています。生き物としての政治を知り尽くし、転んでもただでは起きない、そういう逞しさはありますね。奇か居くべし、彼はそういう存在だと理解していますよ
つき指の読書日記
2009/05/13 10:58
「疑惑の総合デパート」なんていわれていた記憶はありますが、ムネオ氏については興味も関心もありませんでした。「艱難汝を玉にす」「我に試練を与えたまえ」、私はできるなら苦労なんかしたくありませんが、でも苦労した人は単なるお坊ちゃまとは一味もふた味も違ってくるのでしょうね。
damao
2009/05/13 11:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ムネオ日記」抄(12)―小沢辞任まで 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる