日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 「民主主義の破壊者」として記録される麻生総理

<<   作成日時 : 2009/05/28 16:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

 保守派の論客中西輝政京大教授が『文藝春秋』5月号で、「子供の政治が日本を滅ぼす」というタイトルの論文を書かれていました。サブタイトルは「検察の暴走が招いた歴史の悲劇を繰り返すな」です。その意味は今回の西松献金問題は昭和9年に起きた帝人事件以後の昭和史の悲劇の繰り返しになるおそれがあるということです。

 その中の2節を引用しておきます。

     国土を灰燼に帰せしめた根本要因は、軍部でもなければ「無謀な戦争」でもない。戦前の日本にとって
    より本質的で致命的だった過ちは、政党政治を内側から崩壊させてしまったことである。
     あえて言うならば「司法の暴走」が歴史を歪めた例として最も深刻な意味をもったのは、昭和9年に起き
    た帝人事件であろう。

     いま日本にとっての急務は、「大人の民主主義」として備えているべき精神的な「安全装置」をいかに回
    復させるか、という点に尽きる。制度の整備だけではなく、政治指導者、マスコミ、ひいては国民一人一人
    の精神、価値観の面で深く成熟することなしには、昭和の初期の悲劇が形を変えて、わが国を襲うことに
    なるのは必定に思えるのである


 ところで、前々回私は「目からウロコ「世論が大事」と言うデタラメ」という文をこのブログに書きました。その中身はジャーナリスト田中良紹さんの「「世論が大事」と言うデタラメ」という記事の引用です。

 今日、田中良紹さんのHPを覗いてみたら、28日の記事は「民主主義を壊す「説明責任」」というタイトルで、27日の党首討論を取り上げていました。http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2009/05/

 詳しくは上記のサイトで読んでいただくとして、私が印象に残った個所を引用しておきます。

     「説明責任」は英語でアカウンタビリティと言う。アカウントと言う言葉から分かるように元々は会計学の
    用語である。「他人の財産を受託している者がそれをいかに管理し正しく使ったかを証拠を示して説明す
    る義務」の事だと言う。それが政治の世界で使われるようになったのは1970年代のアメリカである。
     …………。
     「反共主義」を錦の御旗に介入したベトナム戦争で苦戦が続き、国の内外から批判されたアメリカは「政治
    改革」を行う必要があった。……。
     そこで「政府は納税者に対して税金の使い道をきちんと説明する義務がある」と考えられるようになる。
    それを「説明責任」と言う。「納税者が主人で官僚は下僕である」という極めて民主主義的な考えが根底に
    ある。同じ頃、官庁など税金で成り立つ組織には国民に「情報公開」を行なう「透明性」も求められ、「情報
    公開法」が制定された。

 つまり、本来の「説明責任」という言葉には官庁など税金で成り立つ組織が納税者である国民に対して「情報公開」を行なうという意味が含まれているということです。

     今回の小沢秘書逮捕で「説明責任」を求められるのは何よりも検察である。選挙直前に政界捜査を行な
    う事など先進民主主義国では考えられない。民主主義で最も尊重されなければならない選挙に影響を与
    える捜査などやってはならない。それが犯されれば国民の権利より捜査機関が上位に立つ事になり、捜
    査機関と結んだ政治権力が権力を欲しいままにできる。かつてファシズムはそうして生まれ、民主主義を
    破壊した。
     選挙が行なわれる年に、国民の権利を奪ってまでやらなければならなかった検察の捜査にどれほどの
    国益があるのか。その「説明責任」を検察は果たさなければならない。それが税金で養われる検察官の納
    税者に対する義務である。ところが検察はそれを拒否した。裁判で説明をするので事前に手の内は明かせ
    ないと言う。これで「説明責任」は全て裁判の場に持ち越される事になった。
     …………。
     検察が果たさない「説明責任」を何故政治家にだけ求めるのか。政治家は国民の代表である。国民が選
    挙で落とす事も選ぶ事も出来る。生殺与奪の権は国民が握っている。その政治家に対して官僚以上の説
    明責任を負わせる考えが果たして世界の民主主義国家に存在するだろうか。

 さらに田中氏はこういいます。

     新聞とテレビはご丁寧にも「世論調査」を行なって「小沢氏は説明責任を果たしているか」と問うた。しか
    し「検察は説明責任を果たしたか」とは決して聞かない。検察が「説明責任」を果たしていないのに小沢氏
    の「説明責任」だけを問えば、誰も「説明責任を果たした」と答える筈はない。するとその調査結果を大々
    的に宣伝して再び世論操作に利用する。これはまさにゲッべルスの世界、ナチスを誕生させた時代の再来
    だと私は思った

 保守派の論客である中西輝政氏も「検察の暴走が招いた歴史の悲劇を繰り返すな」(『文春』論文サブタイトル)と憂えています。田中氏も「これはまさにゲッべルスの世界、ナチスを誕生させた時代の再来だと私は思った」と述べています。さらに「麻生総理は後世「民主主義の破壊者」として記録される事になる」ともいっています。

 小沢氏の「説明責任」だけを声高に叫ぶ麻生総理、自公政権の一部の人々、メディア、そして日本共産党、その人たちは検察の暴走は政党政治の危機、民主主義の危機だと思わないのでしょうか。

       
         (人はだれしも理念よりも自分だ。ズッコケたらどうする 小人の気持ちがよ〜くわかる 俗物ネズミ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「清潔、政策、説明」の3Sに、まじめな大衆ほど、なびいてしまいがちです。「きれいなほうがいい」「説明位してほしい」という程度で行動を起こされては困ります。
田中氏のブログで書き込みコメントに「小沢は何億も賄賂をもらっている」と誤解している老人の話が書かれていました。特捜部が大衆への政治的影響を狙っていたのなら「卑劣」、いないのなら「愚鈍」というほかありません。
tesa
2009/05/29 08:34
 群青殿のところにも書きましたが、日替わりメニューのマスメディアの「空気」で、それ以上でもそれ以下でもないですね。さすが中西輝政は鋭い
つき指の読書日記
2009/05/29 10:09
私も3Sの”まじめな大衆”(W)でしたが、検察のお陰で、現実を動かすには「清濁併せ呑む」度量が必要と気づかされました。もうちょっと早く気づけば、もっとよかったのですが。

中西氏の書物、雑誌以外では読んでいませんが、歴史を勉強しているから、鋭い指摘ができるのでしょうね。民主党、群青殿が指摘しているように、マスコミが期待しているほどバラケていないみたいですね。
damao
2009/05/29 12:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
「民主主義の破壊者」として記録される麻生総理 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる