日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 羽毛田長官には”醜い政争”の種をまいた責任がある

<<   作成日時 : 2009/12/16 11:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 天皇陛下の健康を慮って外国要人会見に「30日ルール」というのがあるとしたら、それは尊重しなくてはならないと考えます。

 陛下に対してこのような横暴なルール破りを強いる鳩山政権、そう感じた人が多ければ次回総選挙で、いや来年行われる参院選で民主党は惨敗し、痛いお灸がすえられるはずです。

 それでは民主党の大番頭小沢一郎から木端役人扱いされた羽毛田長官、その行為は真に褒められる立派な行為だったのでしょうか。

 長官は官邸の圧力に負けて、心苦しくも陛下に申し上げ、会見が決まったとのことです。どういう経緯かわかりませんが、そのあとになって長官はテレビの前でふるえる声で、官邸の横暴を国民の前に暴露しました。

 その結果は自称”品格を重んじる日本人”としては、客人のいる目の前で”夫婦喧嘩”をはじめる家庭にいるようで、とっても恥ずかしいことだと感じたのでした。

 このことについては昨日のブログで、以下のように記しました。


     難しい憲法論議は専門家に任せるとして、この問題で私が感じたことを簡単にいうと、タイトルの「お客は来
    ているのに奥では“夫婦喧嘩”の日本国
」というなんともいえない恥ずかしさでした。

     来客はカミサンの大嫌いな中国人だから、中国人にならどう思われてもかまわない、お客を無視してわめい
    ている人はきっとそんな心境なのでしょう。

     この家庭、旦那が”暴君”なのでしょうか、カミサンが”ヒステリー”なのでしょうか。いや、きっと「”暴君”旦
    那と”ヒステリー”カミサンのいる、品のない、崩壊寸前の家庭だ
」、日本嫌いの中国人が同じく日本嫌いの韓
    国人にそう言って、嗤つているに違いありません。


 長官がこの特例会見にどうしても納得いかないのなら、陛下にお告げする前に、「自分の首をはねてからにせよ」というべきでした。そこまでする問題ではないと判断され、しかしどうしても我慢できなかったのなら、国賓がお帰りになった後で、職を賭してマスコミに出るべきでした。



      (「この方はミカドをお守りする高貴な面相とはとても思えない」、人を見かけで判断する 面相屋ネズミ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
羽毛田長官には”醜い政争”の種をまいた責任がある 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる