日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳩山施政方針演説は理念ばかりなのか

<<   作成日時 : 2010/01/30 19:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

 29日午後の首相の施政方針演説などを聞いてみようと思っていたのでしたが、その時間にはすっかり忘れていて、聞き逃してしまいました。

 首相の施政方針演説などこれまで読んだことは一度もなかったのですが、今日は我慢してなんとか読んで見ました。

 マスコミ論調は「理念ばかりで具体的政策がない」、「政治とカネで国民の政治不信は高まっているのに、小沢問題に触れないのは異常」、「『労働なき富』には笑わせる」といった批判が多いようですが、私は四の項に(地域主権の確立)、五の項に(「戦後行政の大掃除」の本格実施)(政治主導による行政体制の見直し)という項目があることを大いに評価し、鳩山首相はこの国の「かたち」を本気で変えようとしているのだと読み取りました。

 それでは四の項の一つ(地域主権の確立)のリードの部分、お読みください。

     今日の中央集権的な体質は、明治の富国強兵の国是のもとに導入され、戦時体制の中で盤石に強化
    され、戦後の復興と高度成長期において因習化されたものです。地域主権の実現は、この中央政府と
    関連公的法人のピラミッド体系を、自律的でフラットな地域主権型の構造に変革する、国のかたちの一大
    改革であり、鳩山内閣の改革の一丁目一番地です。



 地域主権の確立とは「自律的でフラットな地域主権型の構造に変革する」ことだという理念に基づき、首相は以下のような施策をするのだと述べています。 (引用者が箇条書きに。カッコ内は引用者の追加)

  1 地方に対する不必要な義務付けや枠付けを、地方分権改革推進計画に沿って一切廃止する。
  2 道路や河川等の維持管理費に係る直轄事業負担金制度を廃止(する)。
  3 国と地方の関係を、上下関係ではなく対等なものとするため、国と地方との協議の場を新たな法律によっ
    て設置」(する)。
  4 ひも付き補助金の一括交付金化、出先機関の抜本的な改革などを含めた地域主権戦略大綱を策定(す
    る)。
  5 「緑の分権改革」を推進する。
  6 情報通信技術の徹底的な利活用による「コンクリートの道」から「光の道」への発想転換を図り、新しい時
    代にふさわしい地域の絆の再生や成長の基盤づくりに取り組(む)。


 具体策がないと非難されていますが、これってすごい改革なのではないでしょうか。


 また、五の課題解決に向けた責任ある政治の中の(「戦後行政の大掃除」の本格実施)(政治主導による行政体制の見直し)という項、それを読むと、首相の「戦後行政の大掃除」への意気込みが感じられます。

 ぜひそうしてもらいたい人には快哉、そんなことをしてもらいたくない人にとっては最悪、私にはそう思われるのです。

 こうした宇宙人ポッポの発想は現実離れした理想論なのか、国民には不要不急のどうでもいいことなのか、後で確認するためにも、以下に書き留めておくことにします。

     五 課題解決に向けた責任ある政治

      以上のような政策を実行するのが政治であり、行政です。政府が旧態依然たる分配型の政治を行う
     限り、ガンジー師のいう「理念なき政治」のままです。新たな国づくりに向け、「責任ある政治」を実践し
     ていかなければなりません。

     (「戦後行政の大掃除」の本格実施)
      事業仕分けや子育て支援のあり方については、ご家庭や職場でも大きな話題となり、様々な議論が
     なされたことと思います。私たちは、これまで財務省主計局の一室で官僚たちの手によって行われて
     きた予算編成過程の議論を、民間の第一線の専門家の参加を得て、事業仕分けという公開の場で行
     いました。上から目線の発想で、つい身内をかばいがちだった従来型の予算編成を、国民の主体的参
     加と監視のもとで抜本的に変更できたのも、ひとえに政権交代のたまものです。
      「戦後行政の大掃除」は、しかし、まだ始まったばかりです。
      今後も、様々な規制や制度のあり方を抜本的に見直し、独立行政法人や公益法人が本当に必要な
     のか、「中抜き」の構造で無駄遣いの温床となっていないか、監視が行き届かないまま垂れ流されて
     きた特別会計の整理統合も含め、事業仕分け第二弾を実施します。これらすべてを、聖域なく、国民
     目線で検証し、一般会計と特別会計を合わせた総予算を全面的に組み替えていきます行政刷新会
     議は法定化し、より強固な権限と組織によって改革を断行していきます


    (政治主導による行政体制の見直し)
      同時に、行政組織や国家公務員のあり方を見直し、その意識を変えていくことも不可欠です。
      省庁の縦割りを排し、国家的な視点から予算や税制の骨格などを編成する国家戦略局を設置する
     ほか、幹部人事の内閣一元管理を実現するために内閣人事局を設置し、官邸主導で適材適所の人材
     を登用します
      こうした改革を断行するため、政府と与党が密接な連携と役割分担のもと、政府部内における国会議
     員の占める職を充実強化するための関連法案を今国会に提案いたします
      さらに、今後、国民の視点に立って、いかなる府省編成が望ましいのか、その設置のあり方も含め
     本年夏以降、私自身が主導して、抜本的な見直しに着手します
      税金の無駄遣いの最大の要因である天下りあっせんを根絶することはもちろん、「裏下り」と揶揄され
     る事実上の天下りあっせん慣行にも監視の目を光らせて国民の疑念を解消します。同時に、国家公務
     員の労働基本権のあり方や、定年まで勤務できる環境の整備、給与体系を含めた人件費の見直し
     など、新たな国家公務員制度改革にも速やかに着手します


 ここには「〜(し)ます」というフレーズが8つも書かれています。

 これらの「〜(し)ます」という決意は小さなことなのでしょうか。ものすごく大きなこと、つまり「国のかたち」にかかわる大きな改革なのではないでしょうか。戦後のわが国を実質動かしてきた官僚たちにとってはおそろしいことなのではないでしょうか。

 ここで鳩山政権がやろうとしていること、上記の1〜6や8つの「〜(し)ます」ということ、本当に国民のためになることなのか、そうでないのか、国会論戦であきらかになることを願っています。


             (「労働なき富」で総理にまでなった鳩山さん、これからはその富をみんなに還元するはずだ 
              と大いに期待している ホームレス・ネズミ)


            

          

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
国会演説に思う
昨日の鳩山総理の演説の内容はとても空疎だった。 それを、進行妨害の激しいヤジのなか、「耳栓をして能面をつけて」いるかのように、演説し... ...続きを見る
敬老学のススメ
2010/01/30 19:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳩山施政方針演説は理念ばかりなのか 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる