日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 「2.4政変」はあるのか、ないのか

<<   作成日時 : 2010/02/03 12:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

 昨夜の報ステで古舘キャスターは「新たな4億円は政党交付金の不正利用の疑い」と重大疑惑が発覚したような口ぶりでしたので、4日には石川議員の起訴は当然として、大久保秘書らも再逮捕。さらに、小沢氏も刑事事件として起訴されることになるのだろうと思いながら、寝床に入ったのでした。

 ところが、今朝のわが家の地方紙は「小沢氏不起訴の公算」という4段見出しで、Yahooの政治欄トップは毎日の「小沢氏不起訴の方向で検討 東京地検」でした。

 産経ニュースを覗いてみたら、「礼賛、思い出話、居眠り…緊張感ゼロ“お遊戯国会”」と昨日の参院代表質問の劇画調の議場レポートで、「事件は『どこ吹く風?』のノンビリムード。このような緊張感ゼロの国会運営を続けていては国民の政治不信はますます高まりかねない」という記事だけ目につきました。

 私は4日の日は平成の関が原の戦いが決着し、民主党の敗北が決定するから、3日からは民主党内はそろそろ蜂の巣をつついたような状況になるに違いない、そう思って寝たのでした。ですから、今朝はいささか拍子抜けです。

 田原総一郎が『週刊朝日』コラムで書いていたように「小沢問題、検察大騒ぎするものの、大山鳴動してネズミ一匹?」(2/5号)なのか、それとも嵐の前の静けさなのか、やっぱり明日が楽しみなのです。

画像



 ところで、民主党の「内乱」が起これば必ずキーマンとなる民主党七奉行(仙谷由人、岡田克也、前原誠司、枝野幸男、野田佳彦、玄葉光一郎、樽床伸二)の名づけ親渡部恒三氏、その息子さんはサンプロのコメンテーターで“笑顔がとてつもない”、渡部恒雄氏なんですね。
画像


 渡部恒雄氏は東京財団というところの「上席研究員・政策研究部ディレクター(外交・安全保障担当)」なのだそうです。

 そこで、「自由と繁栄の弧」あるいは「不安定な弧」などと言われるユーラシア大陸に関連する諸国・諸地域について、民間研究機関の自主独立の立場を生かして定点観測を行い、政策立案や外交に活かしうる情報の収集・整理を行う仕事を本職とされているのだそうです。
http://www.tkfd.or.jp/people/detail.php?id=47
  

 アメリカ戦略国際問題研究所(CSIS)研究員だった小泉進次郎議員と並んで、今後の日本とアメリカとをつなぐ若手と中堅の有力人物となる方なのでしょうか。


   (めでたく七奉行が小鳩に取って代われば、衆院議長は”黄門様”だと予測する 予知能力超抜群ネズミ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
サンプロも役目を終えてうち切られるのですから、報道ステに対する世間の評価も推して知るべきではないかと思います。政局については、民主党は勝ちすぎて動けず、自民党は負けすぎて動けないので、結局動きはないように思います。
tesa
2010/02/03 14:57
 アクセス、絶好調ですね。充実度からして当然です。それに反して、拙ブログは……(涙)。今朝は氷点下、20度以下でした
つき指の読書日記by大月清司
2010/02/04 08:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
「2.4政変」はあるのか、ないのか 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる