日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 地検特捜部検事取調べの手法はこうだ――佐藤元福島県知事の場合

<<   作成日時 : 2010/02/06 16:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

 福島県発注のダム工事で「天の声」を発したとして2006年逮捕された元福島県知事佐藤栄佐久氏の「公式サイト」についての記事を前回書きましたが、さらにそのサイトの記事を読んでいくと、またまた書いておきたくなりました。

 それは今月4日に佐藤氏が書かれた「国民はどこにいるのか 国民はだれが護るのか(1)」に、逮捕時の様子や本人や関係者の取調べの内容が生々しく記されていたからです。


 それではその記事から、東京地検特捜部検事による調書作成の過程や取調べのやり取りの部分、一部引用して置きます。http://eisaku-sato.jp/blg/2010/02/000033.html#comments


      私を支持してくれていた会社の経営者たちは、多数「会社をつぶすぞ、すぐにでもつぶせるのだ」という検
      事の言葉を聞いています。
      経営をした方ならわかると思いますが、「お前の会社をつぶす」と言われたら、社員たちが路頭に迷わな
      いように、何でも言うがままにならざるを得ないでしょう。国家権力であるだけに、暴力団より強力な脅しに
      なるはずです。

      また、ある後援会関係者は以下のようなやり取りをしたそうです。
      「あなたが来ない場合は200人よびますがどうですか」
      と電話で呼び出され
      「いろんな事分かってるだろう、金のこと」
      ―― 一切知らない
      「20年間支えてたんだから。わかってるんだろう 佐藤栄佐久はうそつきで…(罵詈雑言)…」
      ―― 栄佐久はすばらしいから20年間も支持してきたのだ
      「とぼけるな。ふざけるなよ。 一つでもいいから(具体的に)悪いことをいえ」
      ―― しらない
      「栄佐久の 悪いことを知ってるような人を一人くらい言え。しらないことでもいえ
      「知らないこと知ってると言ってもこの部屋の中だけで外には出ない」
      ―― もし栄佐久がそういう人間であるなら県民を裏切ることになる
      「『もしだけ削除して調書作成していいか

      最後のやり取りは、いかにして検察官が供述を曲げて調書を作成するか明確に表しています。
      この後援会の方はやり取りを詳細にメモに残していました。
      最後に、
      「あなたは私を人間としてみていない。
      野良猫か野良犬としかあつかっていない。
      人間として扱ったのか、野良猫として扱ったかったのかはっきり言ってくれ
      と言って最終電車で帰ってきたそうです。


      「嘘でもいいから言え」「作ってでも言え」「想像でもいいから言え」「想像できないなら教えてやる」
      検事から全く同じようなこの類の言葉を言われたということは、2,3人に留まらず身内含め私の事件で聴
      取を受けた多くの人から聞きました。日常的にこのような手法で供述を積み上げていくのでしょう。


      妹は取り調べ中に倒れ、一時意識不明になりました。検察庁までタクシーで迎えをよび、病院の「救急救
      命センター」に入りました。
      命の危険がありました。
      通常ならその場で救急車を呼ぶ必要がある状況で、検察官は決してそれをしなかった。
      私は被告人尋問で、その後妹から聞いた話を「人権を守るべき最後の砦の検察が人命までおろそかにし
      ている」と申し上げました。


      苦痛を与えて、強制的に自白させる拷問は古くから犯人探しの手段として用いられました。
      近代では拷問は否定され、先進国では明確に法律で禁じられています。
      何故かといえば、拷問、苦痛から逃れたいという一心から絞り出した供述は虚偽である可能性が高く、真
      実を追求するに当たっては、邪魔にしかならないからです。
      中世の魔女狩りを見て分かるとおり、とでも書くことができればいいのですが現実は前近代的な、相手の
      人格を破壊することによって、望む供述を得ようとする精神的拷問は前述の通り今、起こっています。


      一段落して取り調べを受けた皆さんの声を聞くにつけ、早く火を消してよかった、と本当に思います。


      そのような人権を無視した取調べの結果、私の場合、一度も会ったことがないゼネコン幹部による、私が
      彼のことを「門さん、門さん」と呼んでいた、などという、「真に迫った」虚偽の話が生まれるのです。

      そのゼネコン幹部とは法廷で「初めて」会うことを楽しみにしていたのですが、検察側は証人申請を何故
      か突然取り下げてしまいました。


         (検事というのはできの悪いシナリオライターか 暴力団映画のチンピラか 任侠道に生きるネズミ) 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地検特捜部検事取調べの手法はこうだ――佐藤元福島県知事の場合 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる