日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳩山総理の辺野古回帰の遠因は下地議員の発言なのか?

<<   作成日時 : 2010/06/03 22:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 今回の鳩山総理の首相辞任についての私の評価は右に左に揺れています。

 2日の辞任発表直後の評価は「結果が結果だけど、ギリギリ合格点の40点」としたのですが、3日の今日は「(次の首相になる人に日米共同声明という)大きな枠をはめてしまい、自分はルンルン気分できれい言を並べ、いい格好して辞任した、……、鳩山由紀夫はなんとも無責任な首相で、点数は0点、いや限りなく大きなマイナス点」と、はなはだ厳しい見方になっています。

 なにしろ情報源の少ない素人の政治談議ですから、そのようにブレルのも無理のない話でしょう。

 ところで、元外務省の分析官佐藤優さん、この方の書物は1冊しか読んでいないのですが、この人がネットで発表している論文、いつもなるほどと納得して読んでいます。ことに小沢一郎同様、検察による“国策”捜査を受けているせいか、小沢一郎論は参考になりましたし、ウチナンチューの血を引いていることもあってか、その沖縄論も読み応えがある、私はそのように思っています。

 さて、その佐藤優さんが今回の鳩山辞任をどう受け取っているのか、ネットで探して見たら、2日付けで「鳩山総理と小沢幹事長の間を緊張させる官僚の「罠」―普天間問題を契機に静かなクーデターが始まる」という文を見つけました。http://gendai.ismedia.jp/articles/-/643

 名護市長選挙で、辺野古への受け入れに反対する稲嶺進氏が当選したとき、鳩山さんは県外に向けて、舵を切ろうとしたのだそうですが、沖縄1区選出の国民新党の下地幹郎議員が、沖縄県内への受入を主張し、「私は、総理が五月三十日までにこの問題について判断をせずにまた先延ばしにしてやるというようなことがあれば、沖縄選出の国会議員として、六月の一日には衆議院をやめますよ、私は。」といったそうで、そのころから官邸の官僚、閣僚たちに「辺野古への回帰以外にない」という雰囲気が醸成され、意思決定理論(決断理論)の専門家である鳩山総理の考えも変わった、そういう記述があり、びっくりしました。

 この論文の最後は「政権を潰すという賭けに出た官僚」という小見出しで、以下の内容でした。

      官僚は、現在、2つの戦線を開いている。第1戦線は、検察庁による小沢一郎潰しだ。第2戦線が外務官
     僚と防衛官僚による普天間問題の強行着陸だ。5月に入って外務官僚は、「アメリカの圧力」を巧みに演出
     しつつ、自民党政権時代に官僚が定めた辺野古案が最良であることを鳩山総理が認めないならば、政権を
     潰すという勝負を賭けた。
      鳩山総理は、現状の力のバランスでは、官僚勢力に譲歩するしかないと判断し、レトリックはともかく、辺
     野古案に回帰した。前に述べたように、鳩山総理の認識では、これは暫定的回答で、段階的に沖縄の負
     担を軽減し、将来的な沖縄県外もしくは日本国外への模索を実現しようとしているのであろう。
      しかし、この状況を官僚は「国家の主導権を官僚に取り戻した象徴的事案」と受けとめている。
      小沢幹事長は、この象徴的意味を十分に理解している。普天間を突破口に、官僚による静かなクーデタ
     ーが始まった。このままだと民主党連立政権が政治生命を喪失し、主導権を官僚に握られる危険がある。
      鳩山総理にとっては、戦術的妥協に過ぎない今回の普天間問題の処理を、小沢幹事長は戦略的瑕疵
     で、このままでは権力が官僚に奪取されると危機感を強めている。
      このような現状認識の相違が鳩山総理と小沢幹事長の間をかつてなく緊張させているのだと筆者は見て
     いる。「友愛」のベクトルを再び国民に向けることで、態勢を立て直すことを小沢幹事長は考えているのだと
     筆者は見ている。


           (アメリカと、その尖兵の官僚と対峙するには小沢一郎とか亀井静香とか、そんなダーデイーな
           古狸でないとダメなのでは そんな気もしている クリーンだが弱虫のネズミ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳩山総理の辺野古回帰の遠因は下地議員の発言なのか? 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる