日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 司令塔なき412人のバカ・カン内閣

<<   作成日時 : 2010/09/25 11:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 4

 昨日24日はブログで「中国側の抗議はますますエスカレートしていますが、菅内閣は粛々と国内法にのっとって船長を起訴することになる、私はそう予測しています」と書いた後、いつも行くセンターで囲碁をしていました。午後3時ごろ、テレビから「中国船長」「起訴」という語が聞こえてきましたので、私は「起訴決定」と思ったていたら、「釈放を決めた」というニュースでした。

 菅総理をはじめ担当大臣たちは「国内法にのっとり粛々と対処する」といていましたが、この「粛々」という語は本来のヤマト言葉ではありませんから、日本人にはいまひとつピントこないのです。そんなあいまいな「粛々と」という漢語の修飾語でケムにまいていたのでしたが、その意味は「行政府である私たちはなにもしないで司法がどう判断するのか緊迫した気持ちで眺めている」という意味だったんだとわかり、それが三権分立なのかと、法律にも疎い私は、それなら内閣総理大臣とか、関係各大臣とかはそもそも何を決めるためにいるのかと、頭が混乱してしまいました。(司法とは裁判所のことで、裁判官は司法の一員だが、検察は行政組織の1つだと思っていました。なぜなら、訴える検事と裁く裁判官が同じ穴のムジナなら、裁かれる被告は最初から不利な状況にあるのではないでしょうか。)

 こんなことなら、事件が発生した段階で、ここで不逮捕にしておけばいくらかましだったでしょう。

 逮捕するからには、「粛々と」という言葉の本当の意義通りに、最後まで「国内法にのっとったおごそかな対応を貫く」という意志のもとで決定し、その後に起こる不都合については、国益のためにガマンするよう別途国民に説明する、そういう方向で決めただろうと、私は思ったのでした。

 逮捕は翌日だったのですから、その間に関係者はこの問題が今後の日中関係に与える影響などを検討する時間はそれなりにあったはずです。それなりに検討して逮捕したはずです。

 その段階で、菅首相や仙石や前原や岡田の各大臣が、中国の異常なまでの反応を予測できなかったとしたら、中国という国を甘く見ていたということになります。その場限りでのやっつけ決定をしたが故の、”みじめな腰砕”でしょう。


 
 ところで私はこの尖閣諸島中国漁船衝突事件の発生について、
  @偶発的な事件
  A中国側の意図的な挑発事件
  B近年の中国側の侵犯に対する日本政府の意図的な意志表示を示す事件
という3つの仮説を立て、ひょっとしてBではないのかと思っていました。

 このBについては外交評論家の田中宇氏は「アメリカ・ネオコンがネオコン傀儡前原誠司なる政治家をけしかけて、中国が怒る事を知りながら意図的に強い態度に方向転換させた」と推測していました。
http://tanakanews.com/100917senkaku.htm日中対立の再燃

 こうした日本政府の方向転換は、昨日読んだ森本敏氏の「尖閣と普天間はリンク」という論文内容と併せて、これはひょっとして中国の異常な抗議を梃子に、当然沸き起こるであろう沖縄米軍基地の重要性を再認識する国内世論を背に、「不利が伝えられていた11月の沖縄県知事選挙で逆転勝利し、日米合意通りの普天間問題をなんとか解決する」高等戦略ではなかろうかと思ったのでした。そこで昨日は「尖閣と普天間はリンク―これで普天間問題は解決だ」という拙文を書いたのでした。

 私は先の民主党代表選挙では勝手に小澤一郎を支持していたので、この菅内閣の高等戦術には”敵”ながらなかなか頭がいいと、ある意味感心もしていたのでした。

 しかし、それもなんだか買いかぶりでした。前原誠司なる政治家が、本当にネオコン傀儡なのかは知りませんが、どうやら単なるアメリカ頼みだけの、しかもアメリカ・ネオコンべったりの外交音痴で、中国という国の恐ろしさを知らないお坊ちゃまではないのか、今はそう思うのでした。(ひょっとして頼みのアメリカ様から、あのヒラリー女史から、「早くチャイナちゃんと仲直りしなさい」と、まるで母親のように諭されたのかもですね。


 また、「寝首をかいてもいい」と奥様が公言している、権力の使い道もわからないバカ殿が日本の最高指導者とは、これは本当に情けない限りです。

 それにまた、船長釈放で全てが終わったわけではなく、中国外交部は「謝罪と賠償」を要求しています。今度こそは政治家の出番でしょうが、さて、どなたが出てどう対処するのか、心もとない限りです。「”キゼン”と対応する」といっているようですが、どんな漢字で書くのか、どんな意味なのか、それよりも具体的にどう行動することなのか、ご存知なのでしょうか。


    (やっぱり、カンよりオザワの方がいい。なぜなら、この男は「明確な使命感」をもつ大久保、伊藤、原、吉田に 
     学び、「権力を行使しない危険 何もきめられない政治」からの脱却を唱え、「あくまでも首相が中心」と、そ
     の著作で明らかにしているのだから 9月14日の小沢敗北があきらめきれない 自称沢子分のネズミ) 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>事件が発生した段階で、ここで不逮捕にしておけばいくらかましだったでしょう。
そもそも前原を外務にすえた人事が原因でしょう。それなら最後まで突っぱる、突っぱらないなら彼を外務にすえないという見識がなかった。菅や仙谷にあったのは党内力学だけ。所詮、野党しか務まらない輩を政府においた民主党サポーターの責任です。
tesa
2010/09/25 23:44
一部、貴記事を弊ブログで引用させて頂きましたが、

頭を過ぎるには、この理不尽な中国の要求に対し、小沢一郎だったら、どう切り抜けたか?でした…。

理不尽な輩には、大人の外交(処置)が、政治家に求められていると思います。
この件、後々まで、尾を引く気がします。
mohariza
2010/09/26 03:53
 「民主党サポーターの責任」も大ですが、菅支持を煽りまくったマスゴミ、特に朝日の責任は”超”大きいですね。
 今日の日曜討論で石原自民党幹事長が、小沢一郎を特使として派遣する手もあったのではと面白いことをいっていました。
 その後、moharizaさんのブログを訪れ、そこから日比野庵さんのブログを覗いたら、「小沢一郎と田中真紀子を対中国交渉に使え」という趣旨の意見がありました。
 10月に小沢のカネ問題が解決し、政治資金交付金が分配されたら、そこで小沢氏は離党し、菅一派に対抗する連合政権を樹立する、それしか今の日本の窮状を脱する方法はない、どうもそう思うのですが。
damao
2010/09/26 11:08
昔、一世を風靡した植木等の無責任男は、楽しさがあり国民を明るくしたが、今の菅無責任内閣は国民を怒らせ、暗くしている。中国船長釈放、検察問題について、菅首相や官房長官の発言は他人事のようであり、法務大臣、防衛大臣の声は聞こえてこない。外務大臣は言うこととやることが違う。今一番求められているのは、菅内閣の方針を自らの責任において、中国に明確に発信することではないのか。これをしない限り、中国には相手にされないだろう。事なかれ主義の官僚主導ではなく、政治主導が期待されているのである。
中国に逮捕された日本人社員4人は、処分保留で釈放されず、粛々と中国の法律に則って処分されると予想する。
無責任時代
2010/09/27 17:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
司令塔なき412人のバカ・カン内閣 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる