日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 放射線汚染、海の魚は大丈夫ですか――トイレのないマンションの住人(5)

<<   作成日時 : 2011/03/24 10:58   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

 私はこのブログに2009年には141本、2010年には106本の駄文を書いてきました。

 でも、2010年の10〜12月はたったの3本、今年の3.11までは4本しかアップしていませんでした。ところが15日から21日までに7本も”原発ネタ”を書いてしまいました。一昨日ブログ友人のtesaさんからコメントがありました。
     ひさびさのdamao節、楽しく拝見。
     原発ネタに火が点いたようで(笑)。

     数年前、自ブログで
     原子力は人間の管理不能な力だから原発には反対、
     と書いたら、かなり批判を受けました。

     「万が一の危険」を理由に、「止める」という選択は、大抵の場合、正しくないのですが、
     原発だけは、万が一の深刻度が人類絶滅規模ですので、
     これだけは政策転換が必要と思います。

 その返事を以下のように書きました。
     tesaさんへ
     もう政治ブログは隠居を決め込んでいたのですが。
     わたしはこれまで原発などにはまったくの無関心で、広島、長崎に行った時も、悲惨なものは目にしたくな
     いという気持ちもあって、資料館など行ったことはありませんでした。
     さて、このまま終息してくれると最悪は免れるのですが。昨日は広瀬隆氏と佐藤栄佐久氏のインタビュー、
     聴いてみました。難聴気味なので、1時間を超えるものを聴くのは難儀で、参考になることをおっしゃってい
     ましたが、最後はいつのまにか眠っていました。聴きそこなったところ聴きなおすかどうか。”原発ネタ”も冷
     めつつあります。

 それを書いてから思い出したのですが、私の住んでいる地方にも原発があります。50キロくらい先でしょうか。

 最近は釣には行かないのですが(釣りが好きなのは私ではなく女房。お供で出かけていましたが、その女房殿ピンポンにはまって行かなくなったのです。)、その釣り場である港の近くに原発がありました。おそらく原発建設の余禄でしょう、埋立地ができて、漁港ではありませんので、どんな船が停泊するのか知りませんが、数百メートルはある新しい岸壁が作られ、絶好の釣り場の一つでした。定年後に10数回は出かけたでしょうか。

 いま福島では盛んに海水を使って事故機に放水しています。司令室に電源が通ったということで、なんとなく拡大することなく終息する雰囲気の報道になってきました。私もそうなってほしいと願っています。

 そしていまは原子炉冷却の問題よりも放射線汚染の問題に報道の重点が移りつつあります。

 そこで素人の私が疑問に思うことの一つは、今はホウレンソウや水の汚染が盛んに報じられているが、海の魚は大丈夫なのかということです。次は三陸海岸や九十九里浜沖、ひいては黒潮海流を周遊している魚は基準値をオーバーすることはないのかということです。

 そういえば日本の原発のほとんどが海岸線にあるような気がして調べてみたら、なんとわが国最初の東海村原発をはじめとして、すべてが海岸に面していました。

 たしかに今度の福島原発事故も、もし内陸部であったなら指定された避難区域20キロの被害国土の面積や避難者人口は現在の倍ったに違いありません。また、海からの無尽蔵な海水を利用することもできませんでした。

 ただ、素人の私の心配は盛んに放水しているあの海水は、放射線物質とともにどうなっていくのかという疑問です。全部が冷却槽などに溜まって、燃料の熱で蒸気として大気に放出しているとは思われません。放射線物質を含んだかなりの海水は大地にしみ込み、あるいは海へと放出しているのではないのでしょうか。放射線物質が海に流れ込んでも問題がないというのならいいのですが。
 http://emigration-atlas.net/nuclear-power-plants/japan.html海外移住と日本の原発地図

画像



 そんなことを思っていたら、日経新聞の以下の記事を見つけました。
 http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819499E0E3E2E2958DE0E3E2E1E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2日本の原発、「海依存」が弱点 冷却に構造的課題 編集委員 滝順一)


 ところで、昨日は広瀬隆氏と佐藤栄佐久氏のインタビュー動画を、tesaさんへの返事に書いたように聴いていました。でも、いずれも後半は寝てしまっていました。ただ、印象に残っている両氏のことばを一つずつ記録しておきます。(それぞれの言葉は正確ではありません。私の記憶をメモしたものです。

  広瀬氏:福島原発の事故の見通しはフィフティー、フィフティー。4つの事故機のうち一つでも冷却装置が回復し
       なければ、アウトだ。
       http://www.the-journal.jp/contents/jimbo/2011/03/post_102.html(予言されていた"原発震災"・広瀬隆氏イン
        タビュー)

  佐藤氏:私は「原子力をブルトーザーのように進めないでください」といいました。しばらくたったある会でエネル
       ギー長官は「(原子力の推進は)力づくでもやりぬく」と述べたのでした。
       http://iwakamiyasumi.com/archives/7682(3月20日、佐藤栄佐久元福島県知事に緊急インタビュー)                          

 昨日は3号機から黒煙が上がり、作業員が一時退避したとのことです。無事に電源が通じて冷却装置が稼働することを願っています。 
画像

                          (3月14日午前、3号機水素爆発の写真

                   (まったくの素人で、非理系の人間のくせに、さかんに原発被害の記事を垂れ流す
                    被害妄想アジテーター ネズミ)

≪追記≫
以下のtesaさんのブログ(「群青色日記」)、毎回示唆に富む内容で、考えさせられ、教えられています。
http://gunjoiro.at.webry.info/201103/article_7.html 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
当たり前の論理と想像力の欠如の指摘に、理系も非理系もないさ、人間ならわかることだもの、ですb
まお
2011/03/25 03:07
TBいただき、さらに大々的に紹介いただき、
ありがとうございます。
電力供給事業は元々公のもので、
純粋な私企業ではないのですから、
いったん国営化するのもいいかもしれません。
その前に、菅を降ろしておかないと無意味ですが。
tesa
2011/03/25 13:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
放射線汚染、海の魚は大丈夫ですか――トイレのないマンションの住人(5) 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる