日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 原発の常識・非常識

<<   作成日時 : 2011/04/06 18:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

 4月5日の池田信夫blogの記事は「原発の常識」で、以下の内容でした。

   原発の常識
   原発をめぐる論争は「枯れた」分野で、ほとんどの論点は80年代までに出尽くした。私も昔、たくさん原発の番
   組をやったが、そのころと基本的な考え方は変わらない。そういうことも知らないで孫正義氏までが古いレコー
   ドを再生するのは電力の浪費なので、Togetterでもまとめたが、ここで常識を簡単にリストアップしておこう:
    •軽水炉は工学的には危険である:水を冷却材に使っているので、それが抜けると燃料棒が溶融して炉を破
    壊する可能性が排除できない。
    •実際には重大事故は少ない:チェルノブイリ以外にも共産圏では重大な事故が起こったが、西側諸国では作
    業員が数人死亡する程度の事故しか起こっていない。
    •死亡率でみると、石油火力や石炭火力は原子力より危険である:採掘だけではなく、燃焼によって大気中に
    出る汚染による被害も化石燃料のほうが大きい。
    •環境汚染という点でも、化石燃料のほうがはるかに有害である:交通事故による死者を含めると、原発の数
    万倍の人的被害と大気汚染をもたらしている。
    •原発から出る放射性物質は、発癌物質としてはマイナー:最悪の発癌物質は今世紀中に10億人が死亡する
    と推定されているタバコ。
    •原子力は経済的だが、核燃料サイクルや安全対策を含めるとコストが高い:今回の事故で、私企業のプロジ
    ェクトとしてはリスクが大きすぎることが判明した。

   要するに原発は反対派のいうほど危険ではないが、推進派のいうほど経済的でもないのだ。ところが反対派
   は「絶対安全にしろ」と求め、国と電力会社は「絶対安全だ」と主張して情報を隠蔽し、リスク管理を怠ってき
   た。このために今回のようにすべてのバックアップがきかないという(安全管理上は当然想定すべき)事態に対
   する体制ができておらず、コントロールがきかなくなった。

   特に原発のイノベーションをさまたげているのは、電力会社の地域独占と経産省の過剰な規制だ。かつては経
   産省も発電と送電を分離して電力を自由化しようとしたが、電力会社が「安定供給ができなくなる」という理由
   で反対した。しかし今のような状態こそ、最悪の不安定供給である。
   (以下省略)
   http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51694861.html


 さて、池田氏が「原発の常識」としてリストアップした6点について、私なりに考えて見ました。

 1番目と2番目についてはその通りでしょう。
 
 3番目は「死亡率でみると」という前提ですから、納得できます。

 4番目の「環境汚染」は化石燃料の方が有害、「(化石燃料は)交通事故による死者を含めると、原発の数万倍の人的被害と大気汚染をもたらしている」という点は、私にはちょっと理解不能です。

 5番目の「原発から出る放射性物質は、発癌物質としてはマイナー:最悪の発癌物質はタバコ」というのも、そうなのかなあと疑問です。放射性物質がタバコの害よりもマイナー(少ない)なら、どうして世界中の、特に先進国の人たちが騒ぐのでしょうか。

 6番目の「原子力は経済的だが、核燃料サイクルや安全対策を含めるとコストが高い」は、いま起こっていることから推測してそうなんだろうなあと納得できます。

 ただ、この6番目、3月27日の池田氏の「エコ幻想の終わり」という記事内容といささか矛盾しているのでは、と思いました。参考までにその記事の前半は以下の通りです。特に内田氏の下線部と池田氏の下線部比較してみてください。

   内田樹氏の記事について論評したら、大きな反響があったので、少し補足しておこう。この記事が前半でいっ
   ている「政府や東電の対応が帝国陸軍と似ている」というのはその通りで、私も同じような感想を書いた。しか
   し内田氏はそこから「すべての原発の即時停止と廃炉」を求めるのだ。その理由を彼はこう書く:
     [原発は]いったん事故が起きた場合には、被曝での死傷者が大量発生し、国土の一部が半永久的に居住
     不能になり、電力会社は倒産し、政府が巨額の賠償を税金をもってまかなう他なくなる。原発事故によって
     失われるものは、貨幣に換算しても(人の命は貨幣に換算できないが)、原発の好調な運転が数十年、あ 
     るいは数百年続いた場合にもたらされる利益を超える。


   これは事実認識として誤りである。今回の原発事故で、人命は1人も失われていない(今後も死者はゼロに近
   いだろう)。損害は数兆円と見込まれるが、これは東電の1年分の売り上げにも満たない。もちろん損害賠償を
   行なったら東電の経営が破綻するおそれは強いが、その損害は「原発の好調な運転がもたらされる利益」の 
   数年分程度だろう。
   (以下省略)
   http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51692200.html


 池田氏は「原発は反対派のいうほど危険ではないが、推進派のいうほど経済的でもない」と認めておられるということは理解できました。ただ、これまでのご発言から、それでも池田氏は原発推進はわが国にとって必要なことだとのお考えだと、私は理解しています。ところで、その理由は何なのでしょうか。

 私が勝手に推測したその理由は「自動車や石油火力は原発よりも危険だ」、つまり、原発は自動車や石油火力やタバコの害よりもマイナーだからだということなのでしょうか。


              (いつまでもネチネチと どうでもよさそうなことに こだわる 典型的粘着性気質のネズミ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ バッグ
原発の常識・非常識 日日是生日/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ バッグ
2013/07/08 12:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原発の常識・非常識 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる