日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本を「エセ民主主義国家」といってもいいのですか

<<   作成日時 : 2011/04/08 08:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日のブログで、「気狂いとハモノ」をもじって、「エセ民主主義国家とゲンパツ」という“新格言”なるものを勝手につくり、自己満足してみました。

 ところで、何を根拠に自分の国を「エセ民主主義国家」などと貶めた言い方をしてしまったのでしょうか。戦後日本人の悪い癖、“自虐趣味”に私もまた染まっているからでしょうか。

 そもそも完全な人がいないように、世界の民主主義国家にも完璧な民主主義の行われている国などあるわけはない、それが人間の営む世界の真実でしょう。見せかけでもいい、デモクラシーの政治形態をとっているだけでまだまし。そう理解すべきなのかも知れません。


 ところで、私は日本は長いこと経済大国第2位の国だったから、日本の民主主義化の度合いも当然それに応じて高いのだろうと思っていました。しかし、あるブログのコメントで、そうではないということをつい先日知りました。
   日本の民主主義は世界22位(因みに韓国は20位 本当でしょうか
   日本の非腐敗度は17位
   報道の自由度は11位(なぜか2007年は37位 コメント氏もどうして急上昇しているのか疑問を呈し、37位が妥当と述べている。同感。

 そしてそのコメント氏は「結論として日本は原発については不適格国家と言わざるを得ない」と述べていました。


 私もそのご意見には全面賛成で、だから、「新格言:気狂いとハモノ エセ民主主義国家とゲンパツ」という駄文を昨日は書いたのでした。


 ところでもう一つ、上記のタイトルを思いつくきっかけになるブログ記事がありました。それは昨日も触れたのでしたが、「変人キャズ」さんの以下の記事です。
 
  今回の地震・津波・原発の三重苦の国難への対応の
    まずさを見ていると、本当に日本国民全体の、
    質的低下を感じる。
    政治家も、官僚も、現場技術者、報道関係者、
    すべて呆れるほどの無能である。
  それなのに、自分はいっぱし一人前だと思っている。

  ◎何故、その無根拠の自信過剰が生じたのかというと、
    立法、行政、司法、報道、の四権分立という
    相互監視機構が全く機能しなくなっているからだ。
    http://kyaz.at.webry.info/201103/article_3.html
    

 民主主義という政治体制が名実ともにそれなりに機能していくためには、民主主義政治体制の基本ともいうべき三権分立、現代社会ではマスコミを入れた四権分立がきちんと、せめてある程度、機能していなくてはならないはずです。

 ところがどうでしょうか。

 今の日本の三権分立四権分立はきちんと、ある程度、機能しているといえるのでしょうか。政治家も官僚も経済人も、そしてマスコミまでもが自分たちの利権を誘導するために、守るためにズブズブの談合体制をつくっている、なぜか私にはそのように見えるのです。

 だから、わが国民主主義は「エセ、似非、似て非なるもの」と断言したのでした。


       (2008年夏の総選挙では四権ズブズブを打破してもらおうと小鳩民主党に期待して応援したのに、
        アキカン殿にはそれがわからず、元のズブズブに平気で戻っていく 開いた口がいまだふさがらないネズミ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本を「エセ民主主義国家」といってもいいのですか 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる