日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 最悪のレベル7 オナラなんかでなかった福島原発事故  

<<   作成日時 : 2011/04/12 08:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

 朝7時のNHKテレビをつけてみたら、「福島第一原発事故 最悪のレベル7」という以下の内容のニュースが流れていました。

    事故評価 最悪のレベル7へ4月12日 4時12分
    東京電力の福島第一原子力発電所で相次いで起きている事故について、経済産業省の原子力安全・保安
    院は、広い範囲で人の健康や環境に影響を及ぼす大量の放射性物質が放出されているとして、国際的な基
    準に基づく事故の評価を、最悪の「レベル7」に引き上げることを決めました。「レベル7」は、旧ソビエトで起き
    たチェルノブイリ原発事故と同じ評価になります。原子力安全・保安院は、12日、原子力安全委員会とともに
    記者会見し、評価の内容を公表することにしています。

    原子力施設で起きた事故は、原子力安全・保安院が、国際的な評価基準のINES=国際原子力事象評価
    尺度に基づいて、その深刻さを、レベル0から7までの8段階で評価することになっています。原子力安全・保
    安院は、福島第一原発で相次いで起きている事故について、広い範囲で人の健康や環境に影響を及ぼす大
    量の放射性物質が放出されているとして、INESに基づく評価を、最悪のレベル7に引き上げることを決めま
    した。原子力安全・保安院は、福島第一原発の1号機から3号機について、先月18日、32年前にアメリカで
    起きたスリーマイル島原発での事故と同じレベル5になると暫定的に評価していました。レベル7は、25年前
    の1986年に旧ソビエトで起きたチェルノブイリ原発事故と同じ評価になります。レベルが引き上げられる背
    景には、福島第一原発でこれまでに放出された放射性物質の量が、レベル7の基準に至ったためとみられま
    すが、放射性のヨウ素131を、数十から数百京(けい)ベクレル放出したというチェルノブイリ原発事故に比
    べ、福島第一原発の放出量は少ないとされています。原子力安全・保安院は、12日、原子力安全委員会と
    ともに記者会見し、評価の内容を公表することにしています。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110412/t10015249911000.html

 ところで、3月27日、私は「チェルノブイリはウンチで、福島はオナラ、本当ですか」という記事を書き、その中で「 おなかがいたくなった原発くん」というおもしろい動画を紹介しました。
 http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51689181.html


 「オナラにしてはいつまでも臭いが消えないなあ」と思っていましたが、この動画、東電側が事故をできるだけ小さく見せるめのプロパガンダではなかったのか、今はそんな気がしています。

 そういえばブルサーマル発電推進の講師などされていた東北大学名誉教授・北村正晴氏、「最悪のシナリオ」という脅しに騙されないために」という仰々しいタイトルの記事の中で、「実害はチェルノブイリ事故とは比較にならないくらい小さい」とのべてましたが、「比較にならないくらい小さい」のに、どうしてレベルはチェルノブイリと同じになってしまったのでしょうか。
http://getnews.jp/archives/105518
 
 そういえば8日、東芝さんが「福島原発事故機の処理、10年で完了、更地にできる」というニュースがありました。(≪参考≫参照

 その前に私、「チェルノブィリ事故はあと100年かかる」という共同記事を読んでいたので、ずいぶん早いなあ、無人ロボットなどの解体作業技術が飛躍的に進歩したのかなあ、よかったなあと思ったのでした。

 でもです。なぜかだんだん疑り深くなってきている私、今はあれも事故をできるだけ小さく見せるめのプロパガンダではないのか そんなふうに疑い深くなってしまっています。


         (昔は素直にニュースを聞いていたのに、近頃はすぐ読みしてしまう 度し難いひねくれ ネズミ)


≪参考)≫
【放射能漏れ】チェルノブイリ解体に100年 今後5年で年100億円必要 政府幹部 2011.3.29 10:21
 ソ連時代の1986年、大事故を起こしたウクライナ北部のチェルノブイリ原発周辺の立ち入り制限区域を管理する政府機関幹部ドミトリー・ボブロ氏は28日、同原発を解体するためには約100年かかるとの見通しを示した。タス通信が伝えた。

 ボブロ氏はその理由として「極めて高い放射性物質による汚染」などを挙げ、今後5年間だけでも毎年1億2500万ドル(約102億円)が必要だと主張した。危険性が高く作業が困難なため、長い年月と巨額の費用がかかるとみられる。

 チェルノブイリ原発では、大事故を起こした4号機は事故後、コンクリート製の「石棺」で覆われた。当時稼働していた1〜3号機は2000年までに順次運転を停止し閉鎖したが、原発当局者によると、事故から25年たった現在でも3480人が働き、石棺や使用済み核燃料の安全管理などに当たっている。(共同)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110329/mcb1103291022030-n1.htm


福島第1原発「廃炉に10年」 東芝がロードマップを提出(産経新聞 4月8日)

 福島第1原子力発電所の原子炉を製造した東芝が米原子力企業3社と共同で、同原発1〜4号機の廃炉に向けたロードマップ(工程表)を東京電力と経済産業省に提出したことが8日、分かった。今後5年をめどに原子炉圧力容器内の燃料棒や貯蔵プール内の使用済み燃料を撤去。10年後にはすべての機器や関連設備も撤去し、更地にする。

 こうした工程表は、日立製作所と米ゼネラル・エレクトリック(GE)のグループも提出する見通しだ。

 東芝の工程表は、米スリーマイル島原発事故の廃炉作業にあたった経験を持つ米ウエスチングハウス、同ショー・グループ、同バブコック・アンド・ウィルコックス(B&W)の3社と共同で作成した。福島の場合、事故発生から半年後には原子炉内が冷温状態で安定化すると想定。この間、ロボットを使って建屋内のがれきを撤去し、廃炉に向けた作業環境を整える。

 5年後には燃料棒や使用済み燃料を撤去し、別の容器に密閉して冷却保存。10年後には機器や建屋の撤去も終える考えだ。

 ただ現時点では、福島第1原発の原子炉内の状況が詳しく把握できておらず、工程表は「あくまでも技術的な提案」(東芝)。状況の推移を見極めながら、スケジュールを改訂する。

 一方、日立とGEのグループも「(原子炉)安定化後の長期的なプランを検討中」(日立の中西宏明社長)としており、近く工程表を提出する考えだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110408-00000551-san-bus_all


福島原発の廃炉、汚染除去に百年 英科学誌が見解紹介
  英科学誌ネイチャーは13日までに、東京電力福島第1原発の廃炉や周辺の土地の汚染対策が終わるまでには、今後数十年、場合によっては100年を要するとの専門家の見解をまとめた記事(電子版)を発表した。

 記事は1979年に米国で発生したスリーマイルアイランド(TMI)原発事故処理に加わった複数の専門家の見解に基づき、損傷しているとみられる燃料を含めた炉内の放射性物質の除去に長期間を要する上、原子炉の冷却が進んで中の状況を調べられるようになるまでも長い時間が必要になると指摘。

 沸騰水型原子炉の特徴として、多数の配管や弁などが複雑に配置されていること、使用済み燃料を運び出すためのクレーンなどが爆発で破損していることなどによって、福島第1原発の廃炉は「TMIよりはるかに困難な作業になる」との意見も紹介。

 TMIよりもはるかに大量の汚染水の処理が必要になることからも、86年に原子炉が爆発し、最終的な対策の除染の終了が2065年までかかるとされている旧ソ連の「チェルノブイリ原発と同様の除染対策が必要になるだろう」と指摘した。2011/04/13 21:31 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011041301001106.html

 NHKは14日(木)午後7時のニュースで、以下の内容を伝えました。8日の産経などの報道とは別に、改めて東芝は記者会見して発表したのでしょうか。それとも8日の内容を14日に伝えた後追いニュースでしょうか。(事実は東芝社長が14日に記者会見し、改めて「10年で可能」と強調したとのことです。なお、「同社は15年度までの目標として、世界で原発の新規受注39基、 原子力事業の売上高1兆円を掲げている」とのことです。
東芝“廃炉まで最低10年”(4月14日 19時40分 )
大手電機メーカー「東芝」は、福島第一原子力発電所の事故の収束に向けた東京電力の工程表の策定に関連して「廃炉までには早くても10年かかる」とした素案をまとめました。工程表を巡っては「日立製作所」を中心とするグループや、フランスの原子力企業「アレバ」も独自に策定を進めています。

福島第一原発の事故を巡っては、菅総理大臣が、東京電力に対して収束に向けた見通しを示す工程表の策定を指示しています。これに関連して福島第一原発の2号機と3号機の建設に関わっている東芝の佐々木則夫社長は、アメリカの原子力関連メーカー4社と共同で、工程表の素案を東京電力と経済産業省に提出したことを記者団に明らかにしました。東芝の素案では、工程表を短期・中期・長期の3つの期間に分けることにしており、▽短期的には、放射性物質に汚染された水の増加を避けながら原子炉と使用済み燃料プールを冷却して安定させるまで数か月かかるとしています。次に▽中期的には、原子炉建屋の周りに特殊なクレーンを組み立てるなどして、燃料プールと圧力容器の中から安全に燃料を取り出すのにおよそ5年かかるとしています。そして▽長期的には、外部に漏れた放射性物質を除去しながら原子炉を解体し、現地を更地にするのにさらに5年かかり、「廃炉までには早くても10年かかる」としています。工程表を巡っては「日立製作所」を中心とするグループや、フランスの原子力企業「アレバ」も独自に策定を進めています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110414/t10015318621000.html
http://pika2.livedoor.biz/archives/3058731.html原発1兆円計画、遅れ示唆=福島廃炉「10年で可能」−東芝社長 時事

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
福島原発事故、最悪「レベル7」 チェルノブイリ級に  放射線モニタリングの機関のサイト紹介
さてと・・・・・。 ...続きを見る
自分なりの判断のご紹介
2011/04/14 19:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最悪のレベル7 オナラなんかでなかった福島原発事故   日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる