日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS NHKはなぜ経済人がトップなのか――四権談合打破は夢の又夢

<<   作成日時 : 2011/04/13 23:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

 12日にNHK経営委員長に数土文夫氏が決まりました。数土(すど)氏は北海道大卒で、1964年旧川崎製鉄に入社。常務や社長を経て、2005年4月にJFEホールディングス社長、10年6月から相談役をされた方だそうです。
   
 ところで、記事の中に「経営委は、NHKの経営方針などを議決する最高意思決定機関」との記述がありましたので、Wikipediaで調べてみたら、以下のように書かれていました。
    最上位に位置するのは経営委員会と監査委員会で、その次に会長職が位置する。よく「会長が最高責任
   者」と誤解されることがあるがこれは誤りで、一般企業に置き換えると、NHKの場合は経営委員会委員長がCE
   O(最高経営責任者)であり、会長はCOO(最高執行責任者)になる。法改正で、最近では一般企業の中にもN
   HKのように経営委員会制度が導入されるようになっている。


 私もNHKの最高責任者は当然会長だろうと思っていましたが、「経営委員会委員長がCEO(最高経営責任者)であり、会長はCOO(最高執行責任者)になる」とありましたので、思わずヘエーと声を出していました。

 国民から強制的に視聴料を徴収している「みなさんのNHK」のCEO(最高経営責任者)が決まったのですから、NHKは大きく報道し、改めて国民に挨拶でもあるのかと思っていましたが、いまのところあったという話は聞いていません。

 一体どんな方々が(わたしたちの)「NHKの経営方針などを議決する最高意思決定機関」のメンバーなのか、調べてみましたら、以下の方々でした。
   委員長  數土 文夫   JFEホールディングス(株) 相談役
   委員長職務代行者 安田 喜憲   国際日本文化研究センター 教授
   委 員   石島 辰太郎  産業技術大学院大学 学長
   委 員   石原 進    九州旅客鉄道(株) 代表取締役会長
   委 員   井原 理代    NHK経営委員会 委員(常勤)、香川大学 名誉教授
   委 員   大滝 精一    東北大学大学院経済学研究科長 教授
   委 員   勝又 英子    公益財団法人 日本国際交流センター 常務理事・事務局長
   委 員   北原 健児    元 (社)日本民間放送連盟 専務理事
   委 員   倉田 真由美   漫画家
   委 員   幸田 真音    作家
   委 員   竹中 ナミ     社会福祉法人プロップ・ステーション 理事長
   委 員   浜田 健一郎   (株)ANA総合研究所 代表取締役社長


 経営委員会とはどんな仕事をするところなのか。NHKの「経営委員会とは」を覗くと、以下のように書かれています。
    NHKには、経営に関する基本方針、内部統制に関する体制の整備をはじめ、毎年度の予算・事業計画、番
   組編集の基本計画などを決定し、役員の職務の執行を監督する機関として、経営委員会が設置されていま
   す。経営委員会は、放送法により、その設置および権限、組織、委員の任免、運営、議決の方法、議事録の
   公表義務等が規定されており、公共の福祉に関し公正な判断をすることができる、広い経験と知識を持つ12人
   の委員で構成されています。委員は、国民の代表である衆・参両議院の同意を得て、内閣総理大臣により任
   命されます。
    経営委員会は、会長以下の役員に対する目標管理・業績評価を行い、評価結果を処遇に反映させるなど、   
   執行部に対するガバナンスを強化し、監督を行っています
    平成20年4月にはNHKのガバナンス強化を盛り込んだ改正放送法が施行され、経営委員会の権限がよりい
   っそう明確化されました。新たな取り組みとして、権限の適正な行使に資するため、経営委員会が視聴者の皆
   さまから直接ご意見をうかがう会合を各地で開催します。


 その仕事内容、要約すると私が下線を付したところでしょう。これを知って私が思ったことは、もしも私がNHK会長なら、やっぱり経営委員会からいい評価結果を受けて、女房がよろこぶような処遇を得たいと努力するだろうなあ、ということでした。ゆめゆめ、任期途中で「お前は会長不適格者だ」などといわれないように努めるだろうということです。


 ところで、今のNHK会長はどなたなのか。アサヒビール元社長・会長・相談役の福地茂雄氏辞任の際の騒動があったらしいことは知っていましたが、新会長がどなたかは関心ありませんでした。調べてみると、今年の1月、JR東海代表取締役副会長の松本正之という方でした。副会長は生え抜きの方で、衛星ハイビジョン局担当局長からNHKエンタープライズ代表取締役社長になられた小野直路氏で、今年2月の就任です。

 その下に専務理事が3人、理事が7人おられ、この12名の方がNHKの執行部トップになります。


 その執行部の役員メンバーを見て、気になることがありました。

 それは専務理事3人中の1名の金田 新という方の経歴です。金田専務理事は元トヨタ自動車の専務取締役からの就任ですが、渉外・広報本部本部長/情報システム本部本部長を歴任され、どうやら企業のプロの広報マンのようです。その金田氏は平成18年9月に理事に就任し、20年から専務理事となり、いま「経営企画統括 財務・経理統括」を担当されています。しかも役員中の最古参者です。



 以上は私が言いたいことの前置きで、それがとても長くなってしまいました。私がこの人事で言いたいことは、3.11大災害後のマスコミ、特に国民の受信料で成り立つNHKは今のままでいいのか、ということです。

 今度の3.11大災害、地震と津波は天災でした。しかし、福島原発事故はかなりの部分が人災だと私は感じています。


 なぜなら、いわゆる”原子力ムラ”の人たちが、原発反対運動はもちろんですが、原発建設に必ずしも反対ではなかった例えば佐藤栄佐久当時の福島県知事の提案した4つの条件を聞こうとせず、邪魔者として”抹殺”したり、自民党議員の異端児・河野太郎氏の核燃料についての政策転換を訴えても、”犬の遠吠え”として無視したりと、極めて強引に原子力政策を推し進めてきたことと無縁ではない、そう思うからです。


 そこで、わが国はどうして原子力推進のごり押しができたのか、ということになります。

 それはわが国の民主主義というものが、その要である三権分立、マスコミを入れての四権分立が名目だけになってしまったからではないでしょうか。その実体は三権談合四権談合だったからだではないのか、今回の人災を調べれば調べるほど、私にはそう思えるのです。

 いくらわが国は「和を以って貴しとなす」国柄だとしても、近年の三権談合四権談合体制では、人類がコントロールのむずかしい原子力をやりたい放題にさせていたら、とんでもないことになるのは当然だからです。

 ですから、これからのわが国再生のためには、まずは三権分立四権分立がきちんとできていることを条件にすべきだと、思うのです。そのための第一歩は、私たちの受信料で成り立つNHKを、単なる権力の広報機関になりさがっている「私たちのNHK」として、政府に不都合な真実でもきちんと報道するジャーナリズム機関として役割を取り戻すことだ、そう思うようになってきました。

 NHKの経営企画統括専務理事の金田氏は立派な方かも知れませんが、会社の広報担当として会社の広報の手腕を買われての就任でしょうから、どうしたって会社のための広報、自分の属している分野のための広報、そういう感覚の方ではないのか、私はつい勘ぐるのです。(今のNHKの報道姿勢に、NHKには広報マンはいるが、真のジャ−ナリストはいない、そう感じることがしばしばなのです。

 ジャーナリストという人種は偉そうなことを言ったり、書いたりしていますが、組織の経営すらまともにできない人たちなのでしょうか。わが国経済人のトップは腹の中ではきっと「おカネに弱いバカな連中だ」と、嗤っているのではないでしょうか。

                      (いまこそNHK記者は広報マンから真のジャ−ナリストに脱皮するために、
                      「ジャーナリズム宣言」すべきだ 
                      か弱き”平成ブンヤ”の 自称保護者ネズミ)


≪参考≫
NHK経営委員長に数土文夫氏
    NHK経営委員会は12日、1日に経営委員に就任したJFEホールディングス相談役の数土文夫氏(70)を経
   営委員長に選出した。NHKによると、12日に開かれた経営委員会には委員10人が出席。全会一致で数土
   氏が選ばれたという。数土氏の経営委員としての任期は2013年6月まで。
    数土氏は同日の記者会見で、12年度からの受信料収入の10%還元について「受信料免除世帯が増え、
   東日本大震災で大きな影響が出ている。(還元を決めた当時と)状況が違っているかどうか冷静に評価しなけ
   ればならない」と慎重な姿勢を示した。
    松本正之会長らNHK執行部との連携については「信頼関係をつくり、車の両輪となって次期経営計画を検
   討したい」と述べた。
    経営委は、NHKの経営方針などを議決する最高意思決定機関。混迷したNHK会長人事をめぐり、小丸成
   洋委員長(当時)がことし1月に引責辞任、委員長職は空席となっていた。

    http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20110412-OHT1T00181.htm



  

 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
海江田・細野・平野大臣は信用できる 井上あさひさんは女神になれる
 3.11から4か月が経った。 ...続きを見る
日日是生日
2011/07/11 20:48
去年までは新聞社説に反発したが、今年はNHK報道が気に障る高齢者
 去年までは何事かあると新聞社説リンクなどで各社の社説を読み比べ、ときに反発したりしていましたが、今はもう新聞社説は読む気がせず、読まなくなってからもう1年以上になりました。 ...続きを見る
日日是生日
2011/09/25 09:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHKはなぜ経済人がトップなのか――四権談合打破は夢の又夢 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる