日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 司法の在り方を疑わない共産党は安心・安全な健全野党だ

<<   作成日時 : 2011/09/30 09:38   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 1

 26日の小沢元秘書3人への有罪判決、裁判を継続して傍聴していた江川紹子さんの記事が地方紙には出ていました。その結びは「「証拠が薄っぺらでも、怪しげな雰囲気さえつくれば、特捜部の捜査は有罪認定する」という誤ったメッセージにならないかと危ぶむ。本当に改革が必要なのは裁判所かもしれない。」」と書かれていました。
 http://www.egawashoko.com/c006/000331.html(江川紹子「9.26陸山会事件の判決を聞いて」)

 多くの人がその判決を聞いて、あるいは読んで、元秘書の隠蔽行為の裁判判決ではなく、贈収賄事件の判決をしているのではないかと錯覚したと書いています。判決が推論していた建設会社からの5000万円の贈与に確たる証拠があるのなら、どうして小沢一郎本人の捜査でプロの検察官は不起訴にしたのか、そこが素人の私にも解せないでいます。

 ですから、この一連の小沢一郎への「政治とカネ」の問題、フェアでない審判による試合を見せられている感じがどうしてもぬぐえず、不愉快になってしまうのです。

 そこで、最も革新的な前衛の政党と思われている日本共産党は、この判決をどう受けっているのか、戦前から特高警察の弾圧を受けてきた日本共産党だから、今も私以上に検察への不信感は強いのではと期待して、ネットで「しんぶん赤旗」を覗いて見ました。http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-09-27/2011092701_05_1.html


 27日の赤旗主張のタイトルは「秘書有罪 この判決は、限りなく重い」で、朝日や産経の社説見てはいませんけれども、似たようなもの、あるいはそれ以上ではないかとびっくりでした。


 今の日本の既得権益者たち、実質支配者たちがいちばん恐れ、抹殺したい相手は小沢一郎であり、日本共産党では絶対ありません。むしろ日本共産党は国民のガス抜き政党としてわが国資本主義社会を維持していく上で、なくてはならない必要悪の、必要不可欠な政党なのです。小沢一郎はあれだけバッシングを受けても、8・9月のNHK世論調査で「首相にふさわしい」第3位でした。「政治とカネ」がなかたら、7,80%の人気になったやもしれません。志位和夫君はどうみてもライバルではありません。どんなにりっぱな目標を、スローガンを掲げても、せいぜい2,3%の支持止まりでしょうから、権力者にとっては安心・安全の健全万年野党なのです。
画像


 やや盛り上がりつつある反原発・脱原発の運動だって、その中心に共産党が座ったら、国民の大半は反・反原発になるのです。共産党を支持している若い人たち、きっと純粋な気持ちで活動しているのでしょうが、世の中、こんなトリックがあることに気づいてほしいものです。 

赤旗「主張」掲載)
秘書有罪 この判決は、限りなく重い
 小沢一郎元民主党代表の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、現職の衆院議員を含む3人の元秘書に有罪判決。この判決は、3人の元秘書はもちろん、小沢氏自身と民主党にとっても、限りなく重いものとなったことは明らかです。
 小沢氏自身の裁判も間もなく始まります。裁判での追及とともに国会での真相解明と政治的道義的責任の追及が免れません。

国民の監視を逃れるため
 事件は「陸山会」の東京・世田谷区での土地購入をめぐり、4億円の資金の流れが政治資金収支報告書で正しく届けられていなかったというのがきっかけです。政党や国会議員、地方議員などに届け出が義務付けられている政治資金収支報告書は、政治資金の流れを透明にし、その活動について主権者である国民の「不断の監視と批判」の下に置くことが目的です。
 ところが「陸山会」の土地購入は、4億円もの巨額の取引にもかかわらず、小沢氏自身が貸し付けたといわれる資金の出所は不明で、実際の購入と届け出の時期が違うなど、とてもまともに国民の前に真実を明らかにするものではありませんでした。小沢氏自身や逮捕された3人の元秘書は「事務処理上」の問題などといいはり、事件そのものを「形式犯」とわい小化しようとしました。国民の監視を受ける態度とはいえません。
 とくに小沢氏は、一貫して「秘書がやった」と責任を回避し、資金の出所についての説明も「政治献金」「家族の預金」などと二転三転させ、自らは一度も国会で説明しようとしないなど不誠実きわまりない態度を取っています。市民の告発による2度にわたる検察審査会の決定で小沢氏が強制起訴され、国会でも証人としての喚問が求められてきたのは当然です。
 今回の判決は小沢氏に先立ち起訴された3人の元秘書に対するものですが、政治資金規正法でウソを届け出たこと自体を、「規正法の趣旨にもとる悪質な犯行」ときびしく弾劾しています。裁判中には検察の調書を裁判所が「威圧的な取り調べ」などを理由に採用しないといったことがありましたが、調書以外の法廷証言や客観証拠から3人の有罪を判断しました。
 しかも判決が、虚偽の政治資金収支報告書を届け出た動機として、「水谷建設」などゼネコンからの献金を含む資金の出所を「追及・せん索され」、小沢事務所とゼネコンとの長年にわたる「癒着が明るみにでることを避けようとした」と明快に指摘したことは重大です。事件は単なる「形式犯」などでは決してありません。判決をきっかけに小沢氏の責任はもちろん、公共事業をめぐる小沢氏とゼネコンとの醜い癒着に徹底してメスを入れることが不可欠です。

企業・団体献金禁止こそ
 東北地方で発注される公共事業を中心に、小沢事務所が事実上受注先を決める「天の声」を出し、その見返りとして政治献金を手に入れてきたことはこれまでもたびたび指摘されています。判決は「西松建設」からの「ダミー」を使った違法献金も指弾しています。
 企業や業界団体からの献金が政治腐敗の元凶となっているのは、いよいよ明らかです。事件そのものの徹底究明とともに、企業・団体献金の全面禁止に踏み出すかどうかが問われます。


      いつだったかかNHKの歴史ヒストリーで小林多喜二を放映していた。あんなことはもう起こるはずはない
      と日共幹部は考えているのだろう。市田忠義は小沢一郎に劣らぬ悪人相だ。 時代遅れの 反共ネズミ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
赤旗は「小沢氏無罪判決」をどう評価しているのか
 4月26日に小沢一郎に対する無罪判決がでました。私はこの国の司法がまっとうなら当然無罪になるだろう、しかしこの国の建前は3権分立でも,肝心な点になると3権談合、いや、それに第4の権力マスゴミが加わっての4権談合体制だから、かなり“有罪”の確率は高いと思っていました。“無罪”と聞いた瞬間、本当に本当なのかとさえ思ったくらいでした。 ...続きを見る
日日是生日
2012/04/29 08:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
共産党は、正義ではなく自民党と同じく党利党略第一の党ということか。
共産党の政治家も、党員も、ジャパニーズサラリーマン。
「司法の在り方を疑わない共産党は安心・安...
2011/10/02 23:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
司法の在り方を疑わない共産党は安心・安全な健全野党だ 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる