日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤旗は「小沢氏無罪判決」をどう評価しているのか

<<   作成日時 : 2012/04/28 22:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 4月26日に小沢一郎に対する無罪判決がでました。私はこの国の司法がまっとうなら当然無罪になるだろう、しかしこの国の建前は3権分立でも,肝心な点になると3権談合、いや、それに第4の権力マスゴミが加わっての4権談合体制だから、かなり“有罪”の確率は高いと思っていました。“無罪”と聞いた瞬間、本当に本当なのかとさえ思ったくらいでした。

 マスコミはどう報道するかと思っていましたら、「無罪ではあるが、限りなく疑いは真っ黒」と、負けっぷりの悪い嫌味な報道ぶりです。政界もまだまだ説明責任があると追及姿勢です。

 佐藤優さんが「石川知宏議員の録音隠し撮りがなかったらはたして無罪判決が出されただろうか」と述べていましたが、きっとそのとおりで、ぞっとします。わが国4権談合体制はまだまだ強固なものですから、無罪判決を出さざるを得ない状況に至ただけでも本当によかったと受け止めています。

 ところで、革命政党といえば共産党と、どこかの時点で思い込んでいたのですが、その日本共産党の小沢事件に対するスタンスは、4権談合を是とする人たちと同じというのはどういうことでしょうか。

 赤旗の主張「小沢氏判決 秘書有罪、本人無罪で終わらぬ」を読むと、あの石川議員などの推定有罪判決を疑わず、検察捜査の問題点や検察審議会の胡散臭さにもまったく触れていません。しかも確たる証拠でも握っているのでしょうか、検察が起訴できなかったゼネコンからの金の流れ、いわゆる「天の声」はあったという前提で書かれています。今回は他社のマスコミ社説はまったく読んでいませんけれども、おそらくそれらと似たりよったり、革新を標榜する分、むしろ悪質、そんな気がしています。

 日本共産党については前にも2回ほど書いています。今の日本の司法体制に疑問をもたない日本共産党のこの主張を、戦前特高警察などから惨殺され大杉栄や小林多喜二はどう感じるのか、その感想を聞きたいものです。
http://lailai-hanyu.at.webry.info/201109/article_3.html司法の在り方を疑わない共産党は安心・安全な健全野党だ
http://lailai-hanyu.at.webry.info/201001/article_7.html志位和夫君、日本の大掃除、お願いできますか

(貼付開始)
主張 小沢氏判決 秘書有罪、本人無罪で終わらぬ 

 政治資金規正法違反の虚偽記載の罪で強制起訴された小沢一郎・民主党元代表に対し、東京地裁は無罪の判決を言い渡しました。
 同じ虚偽記載では、会計責任者などを務めた小沢氏の秘書3人に対し、昨年すでに有罪の判決が言い渡されています。秘書は逮捕・起訴され有罪になり、議員本人は検察審査会で強制起訴されても無罪というのは国民に通用するのか。判決は「無罪」でも、小沢氏が国会議員として疑惑に答え、政治的道義的責任を明確にする責任は、いよいよ重大です。
資金の出所隠すため
 事件は小沢氏の資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐるものです。「陸山会」が2004年、東京・世田谷区に約4億円の土地を購入した際、実際には小沢氏が用立てた資金で購入したのに同年の政治資金収支報告書には記載せず、年間450万円もの利子を支払って銀行から4億円の融資を受けるなど、不透明な資金の出し入れがあったというものです。
 政治資金規正法は、政治団体などの政治活動が「国民の不断の監視と批判の下に」置かれるために、政治資金の公開を求めているものです。政治家が政治資金をめぐって疑念をもたれること自体重大であり、国会の政治倫理綱領は自ら説明責任を果たすことを求めています。小沢氏は事件発覚後、ただの一回も国会で説明していません。小沢氏が国会での証人喚問に応じ、疑惑に答えるのは当然です。
 秘書3人への有罪判決に続き、小沢氏への判決も政治資金収支報告書の虚偽記載があったことを認め、その動機は小沢氏から資金が出ていたことを隠すためだと指摘しました。小沢氏は秘書から政治資金収支報告について報告を受け了承していたが、虚偽記載についてまで「共謀」はなかったというのが無罪判決の論理です。
 小沢氏はこれまで、政治資金規正法の虚偽記載は「形式的」なものだといいのがれ、収支報告書の作成は「秘書任せ」だったと自らの関与を否定してきました。判決は、こうした主張がなりたたないことを示すものです。もともと政治資金規正法の政治家本人への責任追及は不十分だとの批判があります。形ばかりの「無罪」判決で小沢氏の責任が免れるなどと考えればそれこそ大間違いです。
 いったいなぜ土地購入が小沢氏からの資金によるものだということを隠そうとしたのか。ここにこそ“核心中の核心”があります。今回の判決はふれていませんが、昨年の秘書への判決はゼネコンからの闇献金が含まれていることを「追及・詮索」されたくなかったからだと指弾しました。公共事業の発注をめぐるゼネコン献金は税金の還流です。核心部分について小沢氏は説明すべきです。
市民による起訴の重み
 小沢氏の起訴は、検察が不起訴にしたものの市民が参加した検察審査会によって「起訴相当」と議決されたものです。市民が参加した強制起訴の重みを受け止める必要があります。判決が検察に対し、事実に反する捜査報告があったと批判する一方、起訴の議決自体は有効としたのも重要です。
 小沢氏は民主党の実力者です。小沢氏に説明責任を果たさせ、政治的道義的責任を明確にさせるうえで、野田佳彦首相と民主党の責任もあいまいにすまされません。(4月27日 赤旗)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
権力に関わるだれもが、自分の頭で日本のことを考えようとしないのは恐ろしいことです。
自分の頭で考えられない人は、大災害などの危機に対応できるとは思えません。
tesa
2012/05/29 16:41
コメント thank you!
6月は政局が大きく変わる予感はしますが、一喜一憂しなくなりました。

もう一度大きなことがないと、わが国はやっぱり変わらないのでは、そんな気がしています。
damao
2012/06/07 21:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤旗は「小沢氏無罪判決」をどう評価しているのか 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる