香港十天之遊(8.14~8.24)

オフィスビルならまだしも,50階前後のマンションビルの林立はまさに空中楼閣。  マカオにも一泊。帰りは中国・珠海を見物してフェリーでもどる。珠海と香港35kmを結ぶ港珠澳大橋の橋桁も処々に姿を表す。  ところで、香港政情は来年普選の前哨戦中。民主派は中秋節の頃に金融街を人波で埋める“佔領中環”デモを計画。親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国ノーベル賞作家の莫言『豊乳肥臀』の悪口からアンパンマンを考える

 2012年にノーベル文学賞を受賞した中国の作家莫言(mòyán)に《丰乳肥臀》(『豊乳肥臀』)という作品があり,それを読んでいたら,登場人物たちの発する罵詈雑言がかなり目に付きました。   a 操他祖宗 操你老祖宗  操你妈  &…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井上あさひアナの髪型もとにもどりましたね

 井上あさひアナの髪型もとにもどりましたね。  安倍政権のスタートとは何の関係もないのでしょうが、野田政権(そんな政権あったののでしょうか?)ごろの髪型は私にはなんともうさんくさくて、なんだかこの人、心理が不安定なんじゃあないかと心配しました。  あのころはNHKの女性アナ、お天気担当から地方局担当まで前垂れ髪型が多く、いや…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

みなさまのNHK、ゴールデンタイムや土日にどうして選挙特集番組を組まないのか

 6日は「NHK大堀キャスターの選挙関連報道、昨日はたったの5分」という記事を書きました。7日も9時半過ぎの6,7分でした。報ステは「各党党首の緊急出演 あなたの一票はどこに」と、私は11時まで見ていましたが、その後も続いていたみたいです。  「みなさまのNHK」、せめて土日はゴールデンタイムに「各党党首が訴える各党政策」なんてタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK大堀キャスターの選挙関連報道、昨日はたったの5分

 今国民の関心事はなんでしょうか。なんであるべきでしょうか。この国の将来を選択する総選挙ではないのでしょうか。  それなのにです。6日のNHKのNews Watchは北朝鮮ミサイル対応、トンネル天井落下事故、反ぐれ暴力団、勘三郎の逝去などのあとで、選挙の関連報道はたったの5分程度でした。党首演説の一言と新潟4区の選挙情勢でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自公両党から“嘘つき”と言われたくなかった野田さん

 14日の党首討論で、首相は「協力して、16日に解散しましょう」と発言。電光石火、夕方には来月16日投票という速報がでました。  13日の政治番組のテレビは小沢無罪判決はそつちのけで、いつ解散するかが大きく放映されていました。時事通信の田崎さんはじめ、多くのコメンテーターが、「野田さんは嘘つき呼ばわりに一番耐えられない」というコメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日中問題、日本は「亡羊補牢」せざるをえない

 「亡羊補牢」とは『戦国策』にある語です。「ヒツジに逃げられてから檻の修繕をする;(喩)失敗を繰り返さないように事後の手立てを講ずる」という意味です。この語は「未為遅也」(いまだ遅しとは為さず)と続きます。このつづきまで入れると、英語の“Better late than never”です。  この成語を用いて日本で発行されている華…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

NHK井上あさひアナの”前髪すだれ型”――”花”(オンナ)の命は短いのだ

 前回記事「井上あさひアナはどうして前髪を“すだれ”髪型にするのか」というのを7月22日にアップしてから、かれこれ2か月が経ちました。いつも100前後の私のブログ、さすがに有名アナを話題にしたおかげで、アクセス数は2000を超えています。しかし、「気持玉」はわずかに2つ。多くの方は「なんだこの記事!?」という感想だったのでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井上あさひアナはどうして前髪を“すだれ”髪型にするのか

 昨年4月NHKのNews Watchに井上あさひアナが登場したとき、そのこちらを凝視する姿に魅せられて、「井上あさひアナはNHKの”女神”になれる」と書きました。  ところが、最近は前髪をスダレを掛けたように、不自然にいじくりまわして、高級バーのおねーさんみたいになってしまっています。  ネットを見ると「井上あさひの髪型」…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日本と中国は“互いに見下す大人げない関係”になる?

 深川律夫氏の城山三郎経済小説大賞作品『黄河の疾風』を読んで、7月16日にその読後の感想を5か月ぶりにこのブログにアップしました。そのサブタイトルはこの小説の主人公大塚草児の母の手紙からとって「どうして、日本人は中国人を一段下に見るのか」としました。     「私はどんなに立派な立場の人であっても、他を見下げる人を尊敬することができま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大学を卒業して正社員になれる比率は6割

 もと参議院議員で、自民党下野後に民主党に移り、2010年の選挙では落選した、かなりユニークな、日本人離れした?方ではと想像される田村耕太郎さんという方がおられます。  その方のネット「現代」の記事「知の大国アメリカ~ランド研究所から」、なかなか面白いのでときどき読んでおります。 http://gendai.ismedia.jp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾の「中華民国地図」には日本国との境界線がない。どうして?

 東京比例選出の衆議院議員中津川博郷氏が民主党を離党しました。理由は「尖閣諸島の国有化に反対した丹羽宇一郎中国大使を更迭しない政府の弱腰外交への抗議」と「この不景気下での消費増税に反対」だからだそうです。  この方どんな政治家かと中津川博氏のブログを覗いてみたら、「政界屈指の台湾通」と自称されていました。            …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『黄河の疾風』―どうして、日本人は中国人を一段下に見るのか

 若いころは小説も読む方でしたが、しだいに読まなくなってきました。それでもせめて芥川賞くらいはと、つとめて『文芸春秋』を手にするようにはしています。しかし、ほとんどの場合が私にはつまらなく、時間のムダ、そんな感想ばかりでした。  ところで、先日囲碁で立ち寄った公民館の図書室で、『黄土の疾風』(深川律夫著)というタイトルが偶然目に入…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

赤旗は「小沢氏無罪判決」をどう評価しているのか

 4月26日に小沢一郎に対する無罪判決がでました。私はこの国の司法がまっとうなら当然無罪になるだろう、しかしこの国の建前は3権分立でも,肝心な点になると3権談合、いや、それに第4の権力マスゴミが加わっての4権談合体制だから、かなり“有罪”の確率は高いと思っていました。“無罪”と聞いた瞬間、本当に本当なのかとさえ思ったくらいでした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

朝日社説:石川調書の不採用 “開いた口がふさがらない”(明日の朝日社説予測稿)

 BLOGOS記事で植草氏や天木氏は2月17日は小沢氏裁判にとって注目すべき日だと書いてあったので、NHKや報ステがどのように報じるのか注目していましたが、やっぱり腰の引けた報道ぶりでした。NHK9時では野田首相生出演の消費税増税大綱決定の宣伝に30分かけて、9時40分ごろの1・2分。報ステも東京の寒波襲来やAKBの中国訪問などいろいろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野田民主党の”マニフェスト”、早く見てみたいものです

 植草一秀さんがかなり前から野田佳彦氏の麻生政権不信任決議案賛成討論での“シロアリ退治”の演説を書いていました。その記事を読むだけのときは、自分で事実だと確認したわけではないから、そんなことを言っていたのかもしれないと読み流すだけで終わっていました。しかし、その映像が流れて、改めて聴いてみると、とても小細工したとは思えませんから、植草氏…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

メディアはどうしてこんな映像を放映しないのか 

 鉢呂経産相の「死の街」発言、一川防衛相の「素人」並びに「詳細には知らない」発言をメディアは野党と一緒になって騒ぎ立てたのに、どうして野田佳彦首相の過去とは違う発言を、大手メディアは取り上げないのでしょうか。  日本の財政の半分以上が借金だということは、家計に喩えると大変なことだと、経済音痴の私にもわかるのですが、数年前にはこんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「絆」字考―「きずな」ならいいが、「絆」はよくない

 2011年を表す漢字は「絆(きずな)」でした。  多くの日本人がこれまでは用いる事のまれであったこの字にある種の親しみを覚え、年賀状とか、子供の名前とか、いや政党名まで出てきそうな様子です。  漢和字典の『漢字源』を引くと、「①きずな。ほだし。ア牛馬などの足をつなぐなわ。イものをつなぎとめるもの。自由を束縛するもの。『羈絆…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more