日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦争責任二分論の是非

<<   作成日時 : 2006/08/18 10:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

今度の大戦について、中国側は「戦争を引き起こしたのは一部の軍国主義者であって、多くの日本人民も被害者である」という論理で、賠償を放棄したというようなことがNHKスペシャル「日中戦争」という番組で放送されていた。

非常にわかりやすい、単純明快な理論だなあと“似非〜”はすぐ思ってしまったんだけど、どうしてそのような割り切った考えはわが国では受け入れられなかったのだろうか。

まあ、これって、マルクス主義者の基本的なスタンスだからだろうか。
マルクス関係の勉強したことはないが、なんでもブルジョアジーとプロレタリアートとに二分する。資本家と労働者とに二分する。国家なら、支配者と被支配者とに二分する。それと似ている、いや同じ発想だからだろうか。

わが国は万世一系の天皇家を中心とした、世にまれな”君臣国家”なのだ。みんな「臣○○」と思っている”美しい”家族意識で結ばれている国家なんだ。だから、単純で冷たいそんな区分はなじまないのだと感じるからか。



それはともかくとして、近ごろ多発する「組織トップの責任」ということを、最近のライブドア事件を例に、わたしなりに考えてみた。


警察庁は堀江貴文さんと、その側近を逮捕した。まだ判決がでたわけではないから、無罪ということもあるのかもしれないが、警察庁や検察庁は逮捕した人たちを“犯罪者”だと考えているに違いない。ホリエモンはいわゆる“A級戦犯”だと考えているに違いない。

ところで、最近の「加藤議員実家の放火事件」に関するブログを見ていたら、戦争責任について、こんなコメントが出ていたので、紹介する。


≪必死で日本の将来のことを思って戦争へと向かわざるをえず、日本国民のため罪を償い死んでいった日本人を終戦と同時に単なる悪者もしくは狂人とみなし、自分たちとは違う人種なんだと言えるのでしょうか
私は小泉首相に賛成です≫(ブログ「逍遥録 −衒学城奇譚−」のコメント)

「日本国民のため罪を償い死んでいった日本人」は「罪を償い」とあるから、きっといわゆる“A級戦犯”たちであろう。靖国参拝に反対する人たち(中国・韓国、そして一部の日本人)は「“A級戦犯”=悪者もしくは狂人、違う人種」とみなしている。だから、(同じ日本人としては)参拝反対の意見には賛成できない。だから「小泉首相に賛成」ということなのだろう。これが、小泉さんの参拝を「是」とする、今や日本国民の大多数のすなおな感情なのであろう。(そこで『論語』の次の話を思い出した。)



≪葉公は(自慢げに)孔子に語った。
「わたしが治める村には躬という正直者がいる。かれの父親が羊を盗んだので、かれはお役所に出て、父親が盗みをしたと証言したんだ。(どうだ、すばらしいだろう。)」
それを聞いた孔子はこう答えた。
「わたしたちの仲間が考える正直さというのはこれとは違います。父は子のためにかばい、子は父のためにかばう。素直な人間の情というものは、おのずから、そういう行為の中に存在しているのですよ(何もほめるようなことではありません)」と。)≫(注)



孔子は中国の聖人ではあるが、古典をありがたがる人、もともと中国人は日本人の百分の一くらいでしかないから、(わが国だって今はIT社会でパソコンとマンガがあれば知識と教養は十分だから、古典読む人なんか絶滅品種だろうけど)、この気持ち、理解できないのだろう。身内がよその人から「悪人だ」と面と向かっていわれたら、その家族は人間の情として受け入れられるだろうか。それと同じことだ。(わたしはそう思ったのだが、でも、それとこれとは別の話か。)



もう一度ホリエモンにもどる。

いま、ライブドアという会社がどういうふうになっているか、わたしは知らない。でも、ホリエモンは裁かれようとしている。

去年の忘年会のシーンであろうか。「世界一になろう」とこぶしをあげるホリエモンに、いっしょにこぶしをあげてたのしく盛り上がった人たち、その人たちに同調罪というのはないのであろうか。

それに、あの武部さん。「わが息子、わが弟」と呼び、イラストまで描いてホリエモンを持ち上げた。幹事長が持ち上げるのだから、ライブドアは優良会社だと思って株を買って損した人はいなかったのだろうか。そんな人、いたかもしれないが、武部さんは別にグルになって、意図的に株価をつりあげようという邪心で、そうしたわけではない。だから、無罪だ。でも、それでいいのだろうか。


ニュースを見ると、毎月何回かは、企業や役所のお偉いさんが頭を下げる。パロマ、シンドラー、偽装建築のマンション販売、・・・・・・。今の日本、あきれるほど、あきるほどそんなニュースが多い。

もう記憶もうすれたが、例えばあのJR西日本の列車脱線事故。原因は若い運転手の無謀運転で、多くの死傷者がでた。社長が運転したわけではない。他の職員がそそのかしたわけでもない。でも、社長は謝罪した。社長だけではない、多くの職員が実際に頭を下げた。実際に頭を下げなくても、心の中で申し訳ないとわびた職員も大勢いたに違いない。



300万人を超す日本人があの大戦で亡くなった。アジアの、特に12年間に及んだ日中戦争、いや正確にいうと満州事変と支那事変、中国人の犠牲者は日本の3倍にのぼるとか。(でも、これはやはりそれとは別の話か。)




今、イラクでフセインは裁かれようとしている。フセインは独裁者でイラク国民は苦しめられた。だから、多数のイラク国民はアメリカから解放されたことを喜んでいる。そして今、フセインは犯罪者として勝者から裁かれようとしている。生物化学兵器所有という証拠はなかったけれど。9.11テロの犯人はイラク人ではないのだけれど。(でも、これは極東裁判とは全く別の話か。)


民主主義国家の輸出を”国是”としているアメリカは、独裁国イラクを解放した。ならば、どうしてあのナラズモノの北朝鮮を爆撃してくれないのだろうか。生物化学兵器よりもはるかに高い殺傷力のある核を保有しようとしているのに。「核を持つ」ということは単なる風聞ではなく、はっきり「持つ」と宣言しているのに。どうして6カ国会議などと中国が中心になりそうな会議にこだわっているのか。(それはあの国に石油資源がないからだと勘ぐる人がいたけど、本当だろうか。ああ、ご免。この話って、指導者の責任論とはまったく関連ないみたいだ。)


だれかわたしの不明をときほぐしてください。

                                (NO脳みに暑さボケまで加わったネコ)


((注))

葉公 語 孔子 曰、 「吾党 有 直躬者、 其父 攘 羊、而 子 証 之。」
孔子 曰、 「吾党 之 直者、 異 於 是。 父 為 子 隠、 子 為 父 隠。 直 在 其中 矣。」
                                      (『論語』子路第十三)

葉公孔子に語りて 曰く、 「吾が党に直躬なる者有り。 其の父羊を攘(ぬす)み、而して子之を証す。」と。
孔子 曰く、 「吾が党の直き者は、 是に異なる。 父は子の為に隠し、 子は父の為に隠す。 直きことは其の中に有り。」と。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
株で稼ぐ!プラチナ情報・ストレスの無い自由な時間作りとは?
誰にでも実践できるノウハウなかなか見つからないと思います。 株で不労所得を目指す方、大きく稼ぎたい方は実践してみては いかがでしょうか? 私がオススメする、稼げる投資法になります。 株で生活をして自由な時間をたくさん作りましょう。 ストレスの無い環境作りを目指しましょう。 ...続きを見る
株で稼ぐ!プラチナ情報
2006/09/15 10:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今、盛んに靖国問題でA級戦犯者合祀の事が言われて居るのですが、そもそも、A級戦犯なんて、戦勝国の連合国側が敗者を強引に裁いた裁判であり国際法上おかしな裁判なのです、有名なインドのパル判事などこの裁判自体おかしいのであり、被告は全員無罪を主張しました、被告達は天皇、及び国民に対しては責任を感じていました中でも広田弘毅元首相など、戦争責任などなく数合わせとしか言いようもない有様でした、文官を一人でも入れなければおかしいので、近衛文麿が自殺したが為に犠牲になったものです、極東軍事裁判はGHQ主導で行われ、天皇の戦争責任の回避に利用されたのです、むろん天皇は退位まで考えていたようです、でも戦後の日本の占領政策的には天皇が必要で天皇を裁けばそれこそ日本はバラバラになりやがて共産主義に犯されてしまうと、考えた結果スケープゴードが必要だったのでまとめとして、その頃の日本人全体が維新以来負け戦がなく驕りがあったのでしょう、負けて己を知る良い機会だったと思います。奢れるもの久しからずです、いつも謙虚で正しいものは正しいと言える世の中で在りたいものです。
極東裁判男
2006/08/20 15:28
なぜに北朝鮮が核を持とうとしているかに目を向けないとならんですよ。
つまり、金正日は明らかに自政権崩壊後にイラクみたいな権力の空洞状態が起こることを恐れている。
北朝鮮の核保有にそれ以上の理由は要らないし、ベトナム,イラクの延長でいけば米軍は核一発あれば撤退する。なんだかんだで先進国は局地戦争化戦略をミスったら政治が混乱するからね。
外交はドライに考えられないといかんですよ
2011/02/09 14:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦争責任二分論の是非 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる