日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 田母神発言1―米国製装備は2倍の高値

<<   作成日時 : 2008/12/23 14:28   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

天木直人さんが12月8日のブログで「週刊現代12月20日号に書かれた田母神発言は国民必読の発言だ」という文を書かれておりましたので、先日「週刊現代」を購入して、「田母神俊雄『米軍撤退核武装宣言」を読んでみました。


内容には5本のタイトルが付いていました。

日本では文化大革命が進行中だ!
中国軍の中将と歴史問題でガチンコ対決
米国製装備を2倍の高値で購入させられている
拉致問題がいつになっても解決しない理由
一刻も早く核武装論議を


私がとくに興味深かったのは2番目の「米国製装備を2倍の高値で購入させられている」と最後の「一刻も早く核武装論議を」でした。

米国製装備を2倍の高値で購入させられている」の記事内容は以下のとおりです。


 アメリカについて思うところを述べます。
 敗戦国の日本は、戦後63年を経たいまでも、戦勝国のアメリカの意向に添って動かされています。その典型例が、国の国防です。
 日本の防衛は、冷戦終結から十数年を経ても、アメリカが担っています。周知のように日本各地に米軍基地が点在し、在日米軍が駐留しています。
 そして自衛隊は、アメリカから主要な装備を購入していますから、それらが適正な価格で取引されているとはとても言えません。私は身をもって体験しましたから、正直言ってかなり大掛かりにボラれています。同機種でも他国より高く買わされている可能性もあります。換言すれば、日本国民の血税が不当にアメリカに吸い上げられているのです。
 たとえば航空自衛隊の戦闘機の購入に関して言えば、時代順に、F−104(1機約4億円)、F−4(1機約20億円)、F−15(1機約100億円)、F−22(1機約500億円・米議会の承認待ち)と、機種が新型に変わるたびに価格はだいたい5倍にハネ上がってきました。他にもさまざまな兵器が、本来の適正価格より数倍増しとか、モノによっては2倍もの高値で買わされているのです。
 こんなこともありました。航空自衛隊が戦闘機用の中距離の空対空ミサイルを調達しようとしましたが、日本側が欲しいと思ったミサイルを、アメリカは売り惜しみました。そこで日本のメーカーが研究を重ねて自前で開発したところ、その途端にアメリカ側が売ろうと言ってきた。しかも日本製のものよりも価格は安値です。
 また私が空幕の装備部長だった’00年には、航空自衛隊のパトリオット(地対空ミサイルシステム)に、戦術データリンクシステムの最新型である「リンク16」というシステムを導入することになりました。その端末機器はアメリカから購入するのですが、交渉の過程で、アメリカ側が値段をそれまでの1セット1億円強から、2億円強にフッかけてきたのです。
 そこで私が、ちょうどその頃来日したアメリカ空軍の高官に抗議したところ、彼が帰国してわずか3週間後に、いきなり元の値段に戻りました。いかに日本が足元を見られているかということです。

  (別の航空自衛隊幹部の傍証発言は省略。)

 一般の方には聞き慣れない言葉でしょうが、装備の世界で「ブラックボックス」と呼ばれているものがあります。これは、アメリカから装備を調達する際に、日本側には非開示の技術情報のことです。
 とくに最先端のソフトのコードなどがそれに相当するのですが、そうしたブラックボックスは、このところ増加する一方です。技術の流出を防ぐというのがアメリカの公式見解ですが、これは建前で、要は日本側からカネを吸い上げるのが真の目的でしょう。
 なぜなら、ブラックボックスに関わる部分で装備に不具合が生じた場合、それはアメリカ側にしか整備できないからです。また、兵器にはメンテナンスが必要ですが、それも半永久的にアメリカ企業に発注することになります。ブラックボックスを増やせば増やすほど、アメリカが儲かる仕組みになっているのです。 (この項終わり。)



天木さんはこの記事を読んで、以下のような感想・解説を述べています。

 日本政府、外務省にとって、田母神発言の一番都合が悪い点は、決して対中関係を悪化させることではない。 田母神発言を放置すれば、最後は必ず日米同盟関係にその影響が及ぶという危険性である。
 より深刻な事は、田母神氏が日米軍事同盟の欺瞞性を喝破しているからだ。……。

 私は「日米軍事同盟は、平和国家日本の将来にとって発展的に解消されなくてはならない」と誰よりも強く主張してきた。 
 だから、私にとっては、田母神発言の騒動が大きくなることを実は歓迎している。
 「何を言っても、何をしても、日本政府は我々のいう事を聞く」と高をくくっている米国政府に、「ついに日本人もこんな事を言い出すようになったか。気づいてきたか」と緊張感を与えるだけでも意味があると思っている。



何千億もの国家の購買方法も個人のちまちました商いと基本的には同じで、騙したり騙されたりなのでしょうね。この取引で儲かる日本人もいるはずで、そういうからくりを暴かれた田母神さんは正直でまっすぐな純粋な方なのだろうと、見直しました。

http://www.amakiblog.com/archives/2008/12/08/#001277(天木直人のブログ)


  (騙すのは悪いが騙されるのも悪い。でも、私は「騙されていふりをしているの」とひそかにうそぶく 賢いネズミ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本はアメリカの「属国」、それででいいのだ
 日本時間25日早朝の麻生・オバマ日米会談、恒例の大統領との昼食会はなく、麻生首相は市内のホテルで、元大統領補佐官であったスコウクロフト(81)、ブレジンスキー(78)、元国務副長官のアーミテージ(62)、現戦略国際問題研究所(CSIS)所長のハムレ(?)各氏と会食しました。このことについては昨日の「日米首脳会談と昼食会」で調べたことを書いておきました。 ...続きを見る
日日是生日(毎日が誕生日)
2009/02/26 16:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
田母神発言1―米国製装備は2倍の高値 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる