日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本はアメリカのよき女房、それでいいのだ

<<   作成日時 : 2009/03/02 07:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

 今度の日米首脳会談後の昼食会にまだまだこだわっているのですが、出席者のお一人、オバマ大統領の最高顧問と目されるブレジンスキー元大統領補佐官(78)の対日持論、「日本はアメリカの属国であり、被保護国である」というWikipediaの解説をもとに、その「属国」の「属」は「従属」、「服属」、「隷属」の「属」ではなく、「付属」の「属」でもなく、単なる「所属」とか「帰属」とかの意味で、そういう意味なら日本はグローバル・アメリカ帝国商社の社員である「属国」、「それでいいのだ」と考えたのでした。

 でもブレジンスキーさんがどういう意味で用いていたのか、英語ではなんといっていたのか、仮に「client state」といっていたら、それはどういう意味をもつ用語なのか、私にはそこまではわからないのです。また、現実の戦後の日米関係が「属国」のどの「属」だったのか、これもまた素人で不勉強の私にはこうだと断定できないのです。ただ、感想としてはなんとでもいえるはずで、以下、独断と偏見に満ちた私なりの感想を記し、今の考えを整理してみることにしました。

 おそらく敗戦直後のわが国はアメリカの隷属国だったに違いありません。占領時代なのですから。それから次第に従属国へ、そして私が考えた単なる帰属国への方向に変遷していった、そのように推測します。でも、今の感想としてはまだまだわが国政府は対米従属傾向は強い、国民も対米依存症から脱してはいない、そういうべきでしょう。アメリカもまた隷属意識はありませんが、従属意識は強く残っているに違いありません。

 例えばあのあのアフガニスタンのテロとの戦いやイラク戦争のとき、今回の昼食会出席者のお一人アーミテージ国務副長官(62)は日本についてこんな発言をしていました。

 「Show the FLAG」(旗幟を明らかにしろ、日本の存在感を示せ)
 「Boots on the ground」(軍靴を地に下ろせ 陸上自衛隊の派遣を求めたと思われる)

 さらに、日本の自衛隊が軍隊としてアメリカの戦争に協力できる日本国憲法の改正を望んでいる発言も確かされていました。

 もしわが国がとっくに憲法9条を改正していたら、おそらくわが自衛隊はイギリス軍に次ぐ人数でイラクに出動し、結果論ではありますが、大義なき戦争に加担していたに違いありません。9条のおかげで命を落とさなくて済んだ方、十数人か数十人かはおられるのではないでしょうか。

 イラク戦争、アメリカは日本の意見を聞いて始めたわけでないと思いますが、協力するのは当然、そんな態度でした。

 どうも私はあのレスラータイプのアーミテージさん、今のアメリカ知日派の第一人者だそうですが、雑食系の省エネタイプの私たちとは違って、肉食系でエネルギー多用タイプなので、かつてのライシャワーさんのような知日派親日家と同一視できずに、戸惑うのです。


 アメリカのご都合主義の憲法改正要望について、私は近ごろ思うのですが、わが国の憲法改正論者には2派あるということです。一つはアメリカの都合のいいように改正しようという考え方、もう一つはそうしたアメリカの意向に乗っかって、最終的には田母神俊雄さんのように「米軍撤退核武装宣言」まで行こうと考えている方々です。お互いもちつもたれつで安倍内閣のころは改正の気運がたかまっていましたが、いまはそれどころではなくなってしまっています。

 愚案ずるにですが、アメリカの考えは前段階止まりで、日本人が後段階まで行こうとすると、ひょっとして中国や韓国といっしょになって阻止するのではないでしょうか。

 護憲派も同様に2派あるはずです。一つは理想論として、9条は世界文化遺産的価値があると信じている人たちです。もう一つはアメリカ様の押しつけた9条をカードとして使って、アメリカの傭兵になることを拒否しようと考える人たちです。私はと言うと、今のところ後者なのです。その方が日本国、いや日本人のために、いや私のたった一人の男孫のためになる、今はまだそう思っているのです。

 でも私はこれまで述べたようにアメリカとは一番仲良くすべきだと思っています。こじれない程度に上手に拒む、なんだかアメリカさんの何番目かの女房みたいで、それでいいと考えている私、ひょっとして女性願望の男性なのでしょうか。

 
                  (米国が男性なら、日本は女性だ。人間に男女の別があるなら、国家にあって当然。
                   ますらおぶりよりたおやめぶりが似合う 同一性障害に悩むネズミ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 明日4日公開する本、柏原竜一『世紀の大スパイ・陰謀好きの男たち』、前にも書きましたが、なかなかの良書で、ジャーナリストというより、学術研究にも関わりがありますので、信頼できますよ。いま楽天なら、送料、無料なはずですよ(笑顔)。
つき指の読書日記
2009/03/03 11:52
近ごろは私もスパイ・陰謀好きの男なので、注文して読むことにしましょう。
でも、私のあの本、まだ第1章なのです。
damao
2009/03/03 20:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本はアメリカのよき女房、それでいいのだ 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる