日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 「官から民へ」の「民」とは「大資本家」のことだったのか

<<   作成日時 : 2009/06/18 11:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

 昨日17日の党首討論冒頭で鳩山民主党代表は西川日本郵政社長の続投問題にふれ、それに対して麻生総理は「郵政会社は100%政府が株を持っているとはいえ、間違いなく民営化された株式会社だ。政府の介入は最小限にとどめるべきことは当然のことだと思っている」と答えていました。

 ところで、小泉構造改革論議の中で、「官から民へ」「民間でできることは民間で」と言う言葉が盛んに繰り返されていました。私も「それはそうだなあ」と半分以上は正しいことだと思っていたのでした。

 でも今は疑問がわいてきました。

 「民」といってもいろいろで、極論すると支配する側、国の経済を引率している側と、支配されている側、引率されている側とがあり、今はデモクラシーの社会だとはいっても、やっぱり世の中は△形で、頂点にいる人々はごく一握りで、大部分の人はその位置にしたがって頂点にいる人々のおこぼれを頂戴する仕組みに変わりはないのです。だから、「民」と一律にいわれても、実体はいろいろなのではないでしょうか。

 そこで日本郵政の取締役会と西川社長続投を決めた指名委員会なるもののメンバーはと調べてみると、以下の人たちでした。

【取締役会】
 代表取締役  西川 善文 (三井住友フィナンシャルグループ元社長。元全国銀行協会会長など歴任)
 代表取締役  高木 祥吉 (元大蔵官僚、金融庁長官、内閣官房審議官など歴任)
 社外取締役  牛尾 治朗 (ウシオ電機代表取締役会長、経済同友会代表幹事)
 社外取締役  奥田 碩  (トヨタ自動車取締役相談役、前日経連会長)
 社外取締役  西岡 喬  (三菱重工業会長、日経連副会長)
 社外取締役  丹羽 宇一郎(伊藤忠商事取締役会長)
 社外取締役  奥谷 禮子 (株式会社ザ・アール代表取締役社長 元労働政策審議会委員 現経済同友会幹事)
 社外取締役  高橋 瞳  (青南監査法人代表社員 前日本公認会計士協会副会長)
 社外取締役  下河邉 和彦(弁護士)
画像

  (取締役のお一人奥谷禮子氏が2007年雑誌『東洋経済』で発言した記事です。「宮内義彦・奥谷禮子・八代尚宏の三人は「労働者飼い殺しトリオ」
    というべき、アメリカ財界の回し者」とジャパン・ハンドラーズと国際金融情報ブログ2007年1月の記事に書かれていました。)

http://images.google.co.jp/imgres?imgurl=http://snsi-j.jp/picture/img-box/img20070118010233.jpg&imgrefurl=http://amesei.exblog.jp/4579881/&usg=__g4kFCw0q8meSC1GcpKrM3OYwdIQ=&h=195&w=300&sz=33&hl=ja&start=17&um=1&tbnid=X7RI9viVJz7J6M:&tbnh=75&tbnw=116&prev=/images%3Fq%3D%25E5%25A5%25A5%25E8%25B0%25B7%25E3%2580%2580%25E7%25A6%25AE%25E5%25AD%2590%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4GFRC_jaJP320JP320%26sa%3DX%26um%3D1

【指名委員会】
 委員長 牛尾 治朗(ウシオ電機会長)
 委員  西川 善文(日本郵政代表取締役)
 委員  高木 祥吉(日本郵政代表取締役)
 委員  奥田 碩(トヨタ自動車相談役)
 委員  丹羽 宇一郎(伊藤忠商事会長)

 ところで、郵政民営化に反対して刺客片山さつきに敗れて落選した城内実の「とことん信念」ブログ6月13日の記事「日本郵政西川社長続投問題」を見ると、以下のようなことが書かれていました。

    鳩山邦夫大臣の辞任問題についてその後いろいろな情報が入ってきた。昨日のブログで29日の株主総
   会までに日本郵政の西川社長が辞任するのではないかと書いたが、西川氏の続投は規定路線であり、か
   つ検察も動かないということがある筋から分かった。

    私の盟友で数少ない国益擁護派の国会議員F氏から昨日夜中の1時に電話がかかってきたが、今回のこ
   とはまさに「完敗」だとのこと。非常に残念であるが、うらみつらみを言っても仕方がない。これが現実の政治
   なのだから。しかも、いわゆる構造改革路線を信奉する国会議員の圧力ではなくて、実は財界の圧力だった
   というところがすごい。(裏にもちろん●●勢力がうごめいていたのだが。)
   http://www.m-kiuchi.com/2009/06/13/nishikawayaharizokutou/

 この下線部、私がつけたのですが、今の日本の政治家は「国益擁護派」と「国益売却派」とに別れているのでしょうか。「検察も動かない」とはどういう意味なのでしょうか。また、この日本郵政西川社長続投問題はわが国の大資本家の強い要求、要望でもあるのですね。最後の下線部「●●勢力」、この●●、一体どなたの名前でしょうか。

 なお、2007年の古い統計ですが、共同通信が調べた日本企業の外資の持ち株率がありましたので、40%以上の会社だけを挙げておきました。多国籍企業という言葉がありますが、日本の企業は日本人ものだと考えるのはもう古いのですね。 (株式情報で調べれば今日現在のもわかるでしょう。)

 これじゃあ日本経済団体連合会は多国籍経済団体連合会だという人がいましたが、どんなものでしょうか。また、規制緩和で持ち株比率50%以上の会社も日本の政治家に献金できるように規正法が改定されたとか、本当でしょうか。
 新生銀行73.3% 
 日産自動車66.7%
 日東電工55.9% 
 HOYA54.3% 
 ローム51.6% 
 富士フイルム51.1% 
 ソニー50.1% 
 東京エレクトロン49.8% 
 花王49.5% 
 SMC49.3% 
 キヤノン47.3% 
 アステラス製薬47.3% 
 三井不動産45.0% 
 TDK44.6% 
 メイテック44.1% 
 武田薬品43.7% 
 野村證券43.6% 
 セコム43.3% 
 塩野義製薬41.5% 
 コニカミノルタ41.4% 
 任天堂41.1%  (共同通信 2007.1.31)

        (「カネは天下のまわり物」、日本人がコツコツためたお金を金融工学で倍にするなら文句があるか、
         その理屈もわかりかけてきた ”半”日ネズミ)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね。指名委員会が民で構成するというのであれば、サラリーマンのAさんや、八百屋のBさんがいてもいいはずなのに、何なんですかね、この「民」の顔ぶれは。吐き気がします(笑)
tesa
2009/06/18 23:09
奥田さん、おかしなことをいうマスコミには広告を出さないと言っていたようですが、やっぱりお金を握っているところが世の中を動かす黒幕でしょうね。この人たち、現在日本の錬金術師でしょうか。それとも詐欺師でしょうか。
damao
2009/06/19 05:59
 ようは日本国民が、アメリカの意向を受けた、小泉・竹中の口車に乗せられた、その悪意の存在に気がつかなかった愚か者だったということで、元に戻すべきで、それ以上でもそれ以下でもありませんね
つき指の読書日記
2009/06/19 10:34
今、竹内薫(+名を出せない「先生」)著の「バカヤロー経済学」(/晋遊舎刊/2009年5月初版)を再読中。
麻生さんのブレーンをやっている(いた?)リチャード・クー(外人:通称・地底人)とは何者で、政府がやる「国策」(財政政策)等とは、誰のためにやっているのか?大変疑問に思いました。
日本がやる公共投資等は、結局は、外国を潤すだけの政策でしか無い!など、「バカヤロー」と気づくこと多い本でした。
mohariza
2009/06/20 16:18
リチャード・クー、ホンコン系アメリカ人、それともアメリカ系日本人でしょうか。世界市場が相手の日経連幹部とその仲間たち、日本人ではあっても、庶民感覚とは随分違うみたいですね。
damao
2009/06/20 17:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
「官から民へ」の「民」とは「大資本家」のことだったのか 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる