日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 警告!小沢一郎は予算があがたその日に逮捕される

<<   作成日時 : 2010/02/05 22:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 2

 評論家の立花隆氏は緊急寄稿(1)と題して、2日、「異例の再聴取の裏を読む「小沢はもう終わりだ」」という文を発表していました。以下がその書き出で、「明後日、秘書処分にともなって小沢が政治責任を取らざるをえない形での小沢処分があると見てまちがいあるまい」と自信を込めて断定していました。http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100202-00000301-gtwo-pol

      小沢は生きのびられるのか?
      小沢は基本的に終った! あと一日、二日は生きのびるかもしれないが、小沢の政治生命はすでに
     終っている、と私は思っている。

      一月三十一日、小沢は検察から二度目の事情聴取を受けた。それも三時間余にわたる長時間の事
     情聴取である。二度目というのも異例だが、それが三時間余にわたったというのも異例である。
      とりあえずの記者会見で、小沢は何でもなかったかのようなコメントをしたが、もちろん小沢は事態が
     どれほど深刻かがよくわかっている。

      だからこそあわてて記者会見で、もし自分に刑事責任を問われた場合には、どうするこうするという自
     分の進退問題にまで言及したのである。二度目、三時間余の事情聴取(とはいっても、一回目から被
     疑者調書を取られているから、むしろ取り調べといったほうがよい)の中で、自分が刑事責任を問われ
     つつあるという感触を得たからこそ、小沢はこんな言及をしたのだ。明後日、秘書処分にともなって小
     沢が政治責任を取らざるをえない形での小沢処分があると見てまちがいあるまい。


 しかし、3日には「小沢氏不起訴の方向」というニュースが流れ、4日には「不起訴」との発表でした。

 緊急寄稿(1)と題していましたから、当然(2)があるだろうと思っていたところ、5日、その(2)「小沢不起訴」の先を読む」が発表されていました。http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100205-00000301-gtwo-pol


 立花氏の書くものはいつも長く、要約しにくいので、まずその前半の一部を抜き出して置きます。

      小沢不起訴で小沢は助かるのか? とんでもない。不起訴があまりにも不当であるがゆえに、小沢
     はむしろ大転落への道を大きく踏み出してしまったのだ。

      問題点ははっきりしている。小沢の三人の秘書は虚偽記載を認めている。彼らの有罪は確定してい
     るといっていい(池田秘書のみ未確定らしいが)。ポイントはその虚偽記載は秘書が勝手にやったこと
     で、小沢の指示・命令・相談・報告・了承などの関与があったのか、なかったのかである。
      あれば小沢は共犯、なければ秘書の単独犯である。

      常識的に考えれば、小沢の事務所は、いかなるワンマン企業よりも激しいトップダウンの組織で、秘
     書らは日常奴隷のごとくとまではいわないが、召使いのごとく仕えている組織なのだから、小沢が何も
     知らない間に秘書が勝手に何億円もの資金を動かすなどということがあるはずはない。

      今回起きたことは、そのあるはずがないことが起きたと、小沢も秘書も口裏を合わせ、その口裏合わ
     せを検察は突き破れなかったということなのだろう。


 元検事の宗像紀夫氏や郷原信郎氏の文を読むと、また田原総一郎氏の文を読むと、西松建設から虚偽記載のこの一連の事案は相当の“無理筋”と読み取れるのです。しかし、田中ロッキード事件に関する研究を著している立花氏は裁判に関しては相当な自信がありかつ検察情報にも通じていのでしょうか、「小沢氏は金丸信のように予算があがった当日に逮捕される」と自信をもって後半部分で予言しています。

      昨日の小沢不起訴のニュースで、街の声を拾うと、釈然としない人々の顔が目立った。小沢にかけら
     れた疑惑は何も解明されていないのに、小沢が早々と不起訴になってしまうのか、という感じの不満顔
     でいっぱいだった。それを見て、これは金丸信の佐川急便事件のときの黄色ペンキ事件寸前だなと思っ
     た。
     
      …………。
  
      いまから予言してもよいが、小沢はもう終りなのである。小沢が不起訴で枕を高くして寝られるように
     なったと思ったら大間違いである。
      逆にこれから一歩一歩逮捕の日に向けて詰めの動きが着実にはじまったのである。
      それが水谷建設の一件でくるか、税金の問題でくるか、あるいは政党交付金の問題でくるか入り口
     はまだ定かでないし、多分幾つかの「合わせ技」でくるのだろうがどれとどれを合わせてくるかなど、ま
     だまだ定かでない点が多い。逮捕の日も予算があがる日か、別の重要法案があがるのを待つのか、
     あるいは別の重要政治スケジュールがあがるのを待つのか、その辺もまだわからない。しかし、事件
     は、金丸事件になぞらえていえば、「黄色いペンキ事件の日」から「突然の金丸逮捕の日」の間の「い
     つ何が起こるかわからない危険地帯」に入ったのである。

      そして、小沢にもそれがわかっているのだろうから、そして小沢もバカではないから、おそらく予算が
     あがる直前など、いよいよヤバイことがわかった時点で、あるいは自分のマイナスイメージが民主党支
     持率をどんどん下げだすのが明きらかになるなどの時点で、小沢は幹事長を辞任するだろう。

      あるいはさらに議員まで辞職して、それを代償に逮捕だけはまぬがれさせてくださいというような、検
     察の慈悲を乞うための検察との駆け引きに出るだろう。
      民主党の政治家の方々はそのときをにらんで、いまから身の処し方を考えておくことだ。
      これからすべての政治家が一瞬たりとも気が抜けない、そしてすべての政治家がその政治家として
     の器の大きさを問われる日が間もなく連続してやってくる。


 立花氏の言葉、小沢嫌いな方にはなんとも力強い予言・断言です。

 まだ小沢氏を見限ってはいない私としては、そうなったら鳩山政権がすすめる霞ヶ関の「大掃除」が中止になるのではないかと、それがやっぱり残念なのです。

 この予言、単なる恫喝か、正しい予言か。できたらそのようなことにならないよう、そうならざるをえないのなら、せめて被害を少なくする方策を早めに取ってほしい思い、わたしにとってはどうでもいいことなのですが、今日3本目のブログをテレビを見ながらついつい書いてしまいました。


                (そろそろこんなことは止めにしようと思いながらも止められない ブログ中毒重症ネズミ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
民主よ目を覚ませ!
ここ数回、書きたくもないけど書かずにいられずに、小沢民主党のことについて書いてみたが、その後も自民党時代の建設族がやっていたような&... ...続きを見る
敬老学のススメ
2010/02/05 23:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
立花氏の執念のすごさが伝わってきますが、ほとんど検察と一体化しているようですね。ジャーナリストと言われていましたが、どのような方か最近よくわかったように思います(論理性の欠如が甚だしい)。
ご自身がガンであることを公表して「NHKスペシャル」の取材費で外国へ行き、ガン研究家と会っている様子を拝見しました。「自分はがんばらないガン患者」と言っていましたが、かなり頑張っていることは間違いないでしょう。
通りすがり
2010/02/06 01:52
立花さんの記事はよく読むと根拠がないことが多いので、最近は読む優先順位が低いです。ジャーナリストが肩書きでものを発信するようになると、書いたものの質は下がりますね。一般論ですが(笑)。
tesa
2010/02/06 13:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
警告!小沢一郎は予算があがたその日に逮捕される 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる