日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 「政治と金」追及と「政治家主導政治」断行、どちらが国民のためですか

<<   作成日時 : 2010/08/27 15:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

 小沢一郎が出馬表明をしました。これに対して昨日のテレビで、杉尾、木村両コメンテーターは、ことさらに力を込めて、こんな脅し文句を言っていました。

    「小沢が首相になれば国会は“政治と金”一色になり、問責決議案も出て、解散に追い込まれる。」

 ところで、今朝の新聞各社の社説はどうなのでしょうか。

 ざっと読んだ感じでは、いちばんバランスが取れて書かれていたのは、ナベツネ主筆の読売でした。そのタイトルは「小沢氏出馬表明 日本の針路を競う代表選に」で、タイトルも前向きです。

 いちばん変なのはやっぱりあのフナバシ主筆の朝日で、「小沢氏出馬へ―あいた口がふさがらない」という、タイトルからして明確な”アンチ小沢”機関紙の論調でした。

 その内容はというと、文末が「〜か」「〜か」「〜か」という疑問表現や「〜だろう」「〜違いない」という推量表現が目立ち、タイトルの「あいた口がふさがらない」に似た表現に、「あぜんとしている」「あきれる」「こっけいでさえある」「党分裂といった荒業」「金権腐敗体質」「冷笑」といったレッテル言葉が並んでいました。すでに出馬を表明している小沢とその支持者へのネガティブ記事で、これからのことはほんの最後の数行です。(いまどき朝日の社説やコラム、大学入試に使うバカ大学、あるはずないですね。

 「より重大な問題も指摘しなければならない」というのでなにかと思ったら、菅総理続投支持唯一の理由である朝日の持論”首相ころころ交代不可論”の蒸し返しでした。

 今日のTBSを見ていたら、小沢一郎はかつての代表質問の中で、「自民党は1年毎に首相を変える。それなら総選挙をせよ」と、確かにいっている動画が流れていました。小沢が首相になったら、この言行不一致を追及しようと、いまから手ぐすね引いて待っている、西田昌司議員のような野党議員も多いでしょう。 

 産経・社説はというと、「小沢氏出馬 国の指導者に不適格だ 「政治とカネ」で信頼失った」というタイトルで、その3分の2は小沢の「政治と金」問題でした。そんな信頼を失った政治家が出馬するのはひとえに己の疑惑つぶしのためだという、そんな矮小化した論調です。

 産経社説の最後は「小沢、鳩山、菅3氏による政権たらい回しと無責任な対応は許されない。だれが民主党代表となり、首相になっても早急に国民の信を問うことを強く求めたい」と、これはさらなるわが国の政治空白を招きかねない解散・総選挙を要求しています。

 ”首相ころころ交代不可”論の朝日は、小沢総理が実現したからといって解散・総選挙を要求することはないと思いますが、その最後は「代表選をそんな場にしてはならない。有権者は政権交代に何を託したのか、根本から論じ直し、古い政治を乗り越える機会にしなければならない」と、ちょっと意味不明な表現です。「そんな場」とはなにかと考え、「ようやく目標を達成した政権交代を小沢・鳩山が台無しにすようなそんな場面、つまり菅が敗れて穢れた小沢が勝利するような場面」にしてはならない)」と理解しました。菅直人がせっかく手にした総理の椅子を、議員やサポーターのみなさん、死守しましょうとの呼びかけでしょう。

 バランスが取れていると私が評価する読売はというと、以下のようになっています。

      この際、両氏は、党分裂や政界再編に至る可能性に臆することなく、党の基本政策について徹底した議
     論を展開すべきだ。

 主筆のナベツネさん、私よりはかなりご高齢とは存じておりますが、今は平成の政界再編成に生きがいを見つけておられるのではないでしょうか。


 また、朝日は鳩山前首相の菅・小沢仲介の動きを「鳩山由紀夫前首相にも、あきれる。小沢氏率いる自由党との合併の経緯から、この代表選で小沢氏を支持することが『大義だ』と語った。『互いに責めを果たす』とダブル辞任したことを、もう忘れたのか 」と、憎悪のこもった書き方をしています。読売はというと、「鳩山氏は、党の亀裂が深まる事態を避けるため、菅首相と小沢氏との仲介に動いた」と、淡々と書いており、私はこちらの方が冷静な指摘だと思いました。


 ところで、いずれの新聞も小沢一郎の政治資金の問題は大きく取り上げています。

 産経は3分の2を用いてこの問題を取り上げていると既に述べましたが、朝日も「『小沢政権』が誕生しても、世論の支持のない政権運営は困難を極めるだろう。 党内でさえ視線は厳しい。・・・。政治とカネの問題をあいまいにしたままでは、国会運営も行き詰まるに違いない」と書いています。 読売も3つの小見出しの2番目が『政治とカネ』説明を」になっています。

 小沢一郎が首尾よく代表になり、民主党3番目の首相になったとき、小沢新首相はこの問題をどうクリアするおつもりなのか、小沢シンパの私もかなり心配してます。

 
 さて、今度の民主党代表選、小沢一郎が勝利する確立が高いと私は見ています。小沢一郎もそう判断して出馬を表明されたのでしょう。でも、そのあとが大変です。ご本人はどのようにお考えなのか知る由もありませんが、予想される種々の困難を”剛腕”とかで無事に乗り切り、3年後の解散まで権力を維持して、「国民の生活が第一」という政治家主導の改革の道筋をしっかりとつけて、次の若い人に、できたら海江田万里氏に譲ってほしい、私は勝手にそう願っています。


 ところで、今日のスパモで、菅支持派の生方幸夫議員が小沢氏の「政治と金」問題を取り上げて発言したら、コメンテーターとして出演していた山口一臣週刊朝日編集長がすかさず、「小沢さんの『政治と金」の問題とはどういうことですか」と反問していました。

 いい反論だと思いました。

 身内の岡田克也外相ではありませんが、小沢一郎というと、多くの国民が”検察審議会で起訴される可能性のある政治家”という枕詞が反射的に浮かぶ頭の仕組みになっています。

 でも、です。その実体がどの程度のものか、みんな分かっているのでしょうか。

 昨年3月以来、西松建設報道で盛んに流された「関係者によると・・・」という内容が一つでも本当なら、検察は官僚の敵・小沢一郎を自信を持ってとっくに起訴しているはずです。

 数億の税金を使って捜査した結果、プロ検察は起訴できませんでした。起訴しても、手持ちの証拠資料ではプロの裁判官から有罪にしてもらえる予想がまったく付かなかったからではないでしょうか。

 小沢政界追放に躍起の面々はいまや素人集団の検察審議会の10月議決に一縷の望みを託している、私にはそんなふうに見えます。プロが起訴できなかった案件、たとえ「起訴相当」という議決が出ても、裁判では無罪になる確率は高いはずです。有罪になったとしても微罪に違いありません。

 もしもです。裁判で無罪になったら、これまでの捜査費用の数億の税金はムダだったということになります。さらにこの騒ぎの責任はだれがどのよう取るというのでしょうか。

 検察審査会の議決、まるで”黄門様の印籠”みたいですが、そのうちみんなこれはおかしいと気づくに違いない、私はそう思うのです。

 さてさて、牛のよだれのような長話、そろそろ終わりにします。

 終わりにあたって、マスコミにお聞きしたいことがあります。それはこの9月のはじめに、民主党代表選の直前に、またゾロ世論調査なるものを実施して世論を誘導するおつもりなのか、ということです。

 一般常識としてはそんな露骨な干渉を中立公正をうたうマスコミがするはずはない思いたいのですが、今や世論操作機関のマスゴミですから、実施されるのでしょう。もしそうなら、せめてこんな調査項目をも入れてほしいものです。

      あなたは小沢一郎の政治資金疑惑の追及と官僚のハコ物行政などの無駄遣いの
     責任追及、天下り高級官僚の高額年収、高額退職金問題の廃止、どちらを先にやっ
     てもらいたいですか。



         (こんな政治関係ブログ文、命を縮めるだけだから、もうこの辺でおしまいしたい。そう思いながら、
         なかなか止められない。ひょっとして私は政治家になるべきだったのかと、いまごろになってそう思う
         むかし文学青年のネズミ)


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コロコロ交代するのは、国内をまとめきれないから代えられるわけで、
そういう首相を、(金目当ての国は別として)政治的なパートナーとして信頼してくれる外国はありません。
朝日といい、岡田といい、論理が転倒しています。大事なのは、代えようにも代えられないような首相を選ぶことで、
喧嘩しか取り柄がなくて、国内どころか、党内すらまとめられない代表が、
いくら長く首相をやってみたところで、信頼を得るのはむずかしいでしょう。
tesa
2010/08/27 20:43
 仮に小沢が勝利して首相になったとしても、そのあとは難しそうですね。
 週刊誌広告見ていたら、渡辺美喜を首相に担ぐという”奇策”がありました。ひょっとしてそんなこともあるのではないでしょうか。
 小沢新代表選出を機に、官僚政治打破を願う政治家の統一戦線ができる、そんな展開はないでしょうか。
damao
2010/08/27 21:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
「政治と金」追及と「政治家主導政治」断行、どちらが国民のためですか 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる