日日是生日

アクセスカウンタ

zoom RSS 自動車事故より原発は安全――マスコミが騒ぐからいけない

<<   作成日時 : 2011/03/31 17:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 8

 今回の原発事故の問題を継続的に取り上げている経済専門家の池田信夫さんのブログ、今日はどんな観点から取り上げておられるのかと覗いてみたら「自動車事故や石油火力より原発は安全だ」というタイトルで、読んでみたら、そういう考えもあるのかとびっくりしました。http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51693454.html

    自称保守主義者の中島岳志氏が、なぜか左翼系ウェブサイトに「原発に反対してきた理由」を書いている:
      自動車は普遍的に事故を起こし続けます。日本だけでも年間約5000人の命が失われ、多数の負傷者が
      出続けています。[・・・]しかし、私たちは自動車や飛行機を放棄しません。それは、リスクの存在を前提と
      して、そのリスクよりも利便性のほうが上回るという認識を共有しているからです。しかし、原発のリスクは
      それらをはるかに上回ります。一旦事故が起こると(事故の規模にもよりますが)、相当程度の国土が汚
      染され・・・
 
    と内田樹氏と同じような思い込みが続くが、自動車のリスクを「年間5000人」と書くのなら、同じ基準で原発
    のリスクを比較しないと不公平だろう。日本の原発事故の死者は、これまでゼロである。2名の死者が出た東
    海村事故は核燃料加工施設だが、それを入れても年間0.04人。少なくとも「原発のリスクは自動車をはるか
    に上回る」とはいえない。

    では「利便性」のほうはどうだろうか。IEA(国際エネルギー機関)の統計によれば、次の図のように原子力は
    世界のエネルギーの5.9%を供給している。TWh(1兆ワット時)あたりの死者は、石炭火力の161人に対して
    原子力は0.04人である(ほとんどがチェルノブイリ事故の死者)。石炭や石油の死者は、主として採掘事故に
    よるものだ。少なくとも人命を基準にするかぎり、原子力は石油火力はもちろん、バイオ燃料より安全なの
    だ。
        (図表省略)
    だからオバマ大統領のいうように、原子力はクリーンなエネルギーである。それが危険にみえるのは、マスコ
    ミが原発事故が珍しいので大きく報道するからにすぎない。このようなバイアスは、メディアが多くの読者を引
    きつけるためには当然だ。プロスペクト理論の教えるように、人々は絶対値ではなく変化率に反応するからで
    ある。

    しかしリスク評価に必要なのは絶対値である。発癌性で考えても、タバコを1日1〜9本吸い続けることによる
    生涯のリスクは、3.4シーベルト。原発作業員の被曝限度の14倍である。あなたが原発を恐れるなら、まずタ
    バコをやめたほうがいい。


 そう指摘されてみると、福島第一原発事故での死者は、日本全国で、あるいは世界中の人たちをも巻き込んで大騒ぎしているこの2週間余りの中で、まだゼロです。確かにその間の日本の、世界の自動車事故死亡者は、相当数にのぼっていることでしょう。

 しかし、多くの近辺住民が避難しなければ身の危険があるといわれています。それはマスコミがそういっているのではありません。これまでの放射線物質の研究結果からそう判断されているのでしょう。そのままほうっておくと、それこそ日本全国の自動車事故に匹敵するか、それ以上かわかりませんが、これも”ただちに”ではないかもしれませんが、かなりの死者が出てくるのは確実なのでしょう。


 私はいろんなことに無知な素人ですから、池田信夫氏の意見が本当は正論なのかもしれない、とも思ったのです。

 でもです。多くの人たちに危険を及ぼす恐れのある事故が起こってしまっているのは、もう厳然たる事実です。自動車事故も事故が起こったら、起こした人は起こした事故の内容によって罰せられます。ですから、原発事故も、原発を起こした人、そういう原発を造り、推進した人たちはそれ相応の罰を受けて、償う必要は避けられない、そうも思うのです。

 「1000年に一度の想定外の事故だったからやむをえませんでした」ですむ問題ではないはずです。

 ですから、原発の必要不必要の話とは別に、原発を営業運転してきた東電、いい加減な原子力行政をブルトザーのように推し進めてきた政治家、日本の原発安心・安全神話を支えてきた学者・研究者、原発推進の提灯記事を垂れ流したマスコミ関係者、その人たちはまず事故の責任を取り、被害を与えた罪の償いを態度で示す必要があります。そのためには、早急に原発解体・廃炉決死作業隊を組織し、自主的にそこに登録すべきではないでしょうか。

 幸い汚染ガレキや汚染水の除去作業というのは年齢も経験も学歴も不問です。ですから、その人たちはまずは年休を取ったり休日等を利用したりして、そうした奉仕作業に挺身すべきです。

 今後のわが国将来にとって原発の推進は必要不可欠と考えているのでしたら、せめて上記の贖罪行為を並行しながら、国民に訴えるようにしたらどうでしょうか。

 原発事故の加害者が偉そうに原発の必要性を被害者に説教する、いま原発推進論者の意見を聞くと、私はどうしてもそんな感じに受け取ってしまうのです。

 なお、福島県民のかなりの方々のふるさとを奪い、廃炉にするために100年間の負担を後世の人たちにまわし、1兆円にも上る経費が必要、原発事故被害の賠償には国民の税金を投入しないとできないといわれているのに、それでもなお原発は自動車事故や石油火力のリスクよりも絶対値は低いという池田説、私の頭が悪いせいか、どうにもよく理解できないでいます。


     (東京よりも田舎がいい、平成の日本よりも昭和がいい ダービンの進化論が信じられない 退化するネズミ)

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
昭和的原発論はもう止めよう
 池田信夫氏が自動車事故より原発は安全という記事を書いているそうです。 ...続きを見る
群青色日記
2011/04/01 18:40
久々に「冷静に」文句言いたい。原発事故について
今回は書き始めるにあたり、自分が冷静になろうと心がけます。対話ならテーブルをタタキながら喋ってるかも? まずはこちらをお読みください。 池田信夫 blog : 自動車や石油火力は原発より危険である &#8211; ライブドアブログ 自動車は普遍的に事故を起こし続けます。日本だけでも年間約5000人の命が失われ、多数の負傷者が出続けています。[・・・]しかし、私たちは自動車や飛行機を放棄しません。それは、リスクの存在を前提として、そのリスクよりも利便性のほうが上回るという認識を共有しているからです... ...続きを見る
BLOG de KATARI
2011/04/02 12:37
オークリー
自動車事故より原発は安全――マスコミが騒ぐからいけない 日日是生日/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー
2013/07/05 20:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんとうに、もしかすると、原発による放射能が危険だなどというのは間違っていて、火力発電などに切り替えたほうが実はもっと危険なのであって、公害によって、年間何千人も病気になったりするのかもしれません。大気汚染による温暖化による熱中症で、何百人という老人や子供が死んでしまうかもしれないし、何がなんだかわからないですね。チェルノブイリ原発事故でも、住民の直接の犠牲者はでなかったというし、スリーマイルのときなんかは、非難した人間がバカを見たくらいだったそうですね。
カレブランカ
2011/03/31 17:50
原発のリスクは未知すぎ、車の運転のようなリスクの計測が不可能なので、費用対効果からアプローチするのは判断を誤るおそれがあります。経済学のモデル論は分析の道具としてあまり役に立ちません。
コメント欄ですので、このくらいにしておきます(笑)。
tesa
2011/04/01 15:02
池田大先生は3月26日のツイッターで「「東京に原発をつくれ」というコメントはすべてブロック。原発のリスクはゼロじゃないんだから、東京につくらないのは当たり前。」と仰せです。ということは、原発よりはるかにリスクの大きい自動車を東京に入れないのは当たり前以前の問題です。というわけで、東京から車を追い出す一大キャンペーンを池田大先生が発信してくださることをみなで期待しましょう。
P
2011/04/01 18:20
目に見えることは人間の力で改善できるが、目に見えないことを解決しなければ、真の復興にはならない。そして、それ以上の惨劇を繰返さなければならなくなる。
私たちが、今、しなければいけないことは、『救世主スバル元首様』に、救いを求めることだ。
  もう、時間がない!!
http://www.kyuseishu.com/tanuma-tu-koku.html
hikaru
2011/04/01 22:39
原発事故は長期にわたり影響を与えます。チェルノブイリ事故では20年経って低線量長期被曝による白血病や甲状腺癌が急増しています。被害の全容に未知の部分が多すぎます。スリーマイルもまだ統括するのには早すぎます。事故という一時の現象だけを見て比較をする類のものではありません。
ベラルーシでは、20年間国家予算の15%をチェルノブイリの被害者および汚染地域に当ててきています。まだまだ継続するでしょう。
sal
2011/04/02 05:21
貴方の理論だと、漏電起こすのも 自動車事故起こすのも 刃物やセトモノとかで人を殺すのも造った人や、薦めた人全員罰せられる事になるけど?

2011/04/13 16:38
<a href=http://buylevitragenericroy.com/#13543>cheap levitra</a> - <a href=http://buylevitragenericroy.com/#11003 >order levitra</a> , http://buylevitragenericroy.com/#11451 purchase levitra
Irradayhaibia
2012/09/25 23:18
不安全な車種や技術は淘汰され不誠実で採算合わない保険は淘汰されます
自動車業界は常にそうです

なので不安全かつ不誠実で採算合わない発電方法の原発は同じように淘汰されます
これは避けられない宿命です

食中毒を起こすチェーン点は営業停止処分や人が来なくなります
他の外食チェーンを人は選びます

非合理過ぎる手法を政治で無理矢理推すものではありません

無保険で、飛び抜けて危険が指摘され続けている車種を親族に薦める人は普通いないですね
原発は発電の一つ
2014/06/15 07:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
自動車事故より原発は安全――マスコミが騒ぐからいけない 日日是生日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる